« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011.10.31

本日の武田教授 2011/10/31

野蛮国・ニッポン 園田政務官44歳 汚物を飲む


私もこのシーンをテレビで観ましたがとにかくアホらしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この情報をどう判断するかはおまかせします…

今日、ネット上でこの情報がチラチラしています → 「北海道大学理学研究院 附属地震火山研究観測センター 森谷武男のページ    MORIYA TAKEO'S PAGES

再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました

(これは北大の統一見解ではなくあくまでも森谷武男の個人的な見解です)

VHF電磁波の地震エコー観測からふたたびM9地震が発生する可能性が高まっていることをお知らせします.…

私は阪神大震災の後から個人的な興味で地震予知のサイト(※占いの類ではなく、科学的にデータを取って予測を立てているところに限る)をあちこちブックマークしてチェックを続けているのですが、あの3.11を、あの規模を、ちゃんと予測していたサイトは皆無だったと思います。
それは何故だったのでしょうか。地震予知なんてやっぱり人間には不可能なことなのでしょうか。いろいろ考えてみたのですが、私がたどり着いた結論は、3.11の前には確かにそれを暗示するデータはあちこちに出ていたけれども、それが巨大地震のデータだと判断することを誰もが経験的に出来なかったのでは、というものでした。

しかし、これからは3.11並みの地震の予測なら、時期だけでも何か分かるのではないかという気がします。同じようなデータが出ているのですから、これは気にしておいたほうが良いのでは、と私は思うのです。
ただし、上の情報を辿り、それを読まれた方がどう思われるかについては、もうお任せしますというしかないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.30

ロームのイルミネーション中止のお知らせ #kyoto

神戸ルミナリエは今年も開催されることが発表されていますが、京都のイルミネーションの代表格、ロームのイルミネーションは中止だそうです。(当ブログにおける過去記事の例はこちら)

(京都新聞サイトから↓)

ロームXマス電飾中止 本社前電力不足対策で

京都の冬の風物詩となっている半導体メーカー、ローム(京都市右京区)本社前のイルミネーションが、冬場の電力不足対策のため今年は中止されることになった。点灯する夕方の時間帯が電力需要のピークと重なることから、クリスマスを彩る人気イベントの自粛に同社が踏み切った。 …

京都市民にとっては初冬を彩る風物詩として欠かせないイベントですが、一民間企業がやるイベントとしては、年々規模が異様に拡大してましたから、案外ロームの中の人はホッとしているのかも知れません。とりあえず次は京セラと聖母女学院がどう判断するかに注目です。


しかしながら、イルミネーションは確かにキレイなものですが、そろそろ私たちも考えたほうが良いのかも知れません。なにせ電気をバンバン使うイベントなのですから。
神戸ルミナリエのような人の心を照らすイベントは今後も続けて行って欲しいと思いますが、何を照らすのかいまいち理由がハッキリしないイルミネーションはこの際止めてしまいましょうや。
電気だけでなく、石油や石炭や薪とかも含めて、私たちはエネルギーとの付き合い方を考え直す必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.29

"平成22年度エネルギーに関する年次報告" いわゆるエネルギー白書ってやつ

まぁそんなものだろうと思って斜め読み(^^;)してみたら、そんなものでした。
書き手の立場からすれば、レポートの内容は立場が悪くなるにつれ淡々としたものになっていくというのは、私も経験があります(笑)

(アサヒ・コムから↓)

エネ白書「反省し、聖域なく見直す」 原発の経緯淡々と
原子力発電に頼ってきたエネルギー政策を、「反省し、聖域なく見直す」としたエネルギー白書(2010年度版)を、野田政権は28日、閣議決定した。原発について、前年度まであった肯定的な表現が姿を消し、これまでの経緯を淡々と記す内容に改めた。 …

まぁ今までバリバリガリガリ推進してきてこのザマですから、原子力推進を匂わせるような文言はさすがに書けませんわな、今は。
でもそのうち有耶無耶にされて、元通りにされる可能性は、今の政治家やメディアの振る舞いを見ていると限りなく100%に近いと思います。


原子力村とそこに出入りしていた連中にはしっかり落とし前を付けてもらわなければなりません。
心底から反省させ、大地と海と私たちの暮らしからリスクを取り除き、私たちの子子孫孫にツケを押し付けない道筋が付くまで、彼らには働いてもらわなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.26

高速道路でF1

さすが米国、とでも言うのか。

(アサヒ・コムから↓)

NY近郊でF1レース開催へ 13年、ハイウエーを利用

自動車のF1シリーズが、2013年に米ニューヨーク近郊で開催される見通しとなった。24日、ロイター通信が伝えた。ハドソン川を挟んでマンハッタンの対岸に位置するニュージャージー州ウィーホーケン周辺で開催される計画で、…
Weehawken01

日本でやるなら、首都高か名古屋高速か阪神高速なら環状ルートが作れますが、思い切って名古屋から草津を回る鈴鹿山脈一周とかどうでしょう?
新名神ならF1でも走りがいがありそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.23

ROentgen SATellite

関西上空を2度通るとかアナウンスされたら、ちょっとは気になりますね(苦笑)

落ちてくる破片のサイズも先日のUARSよりは大きいそうですし。

Rosat


(アサヒ・コムから↓)

ドイツの衛星、23日に落下予測 日本上空を4回通過
地球に落下する見通しのドイツの衛星ROSATについて、ドイツ航空宇宙センターは22日、日本時間23日午前3時から午後9時の間に落下するとの予測を発表した。

文部科学省によると、衛星はこの間に日本上空を4回通過する。通過時刻の見込みは午前9時半ごろに四国、本州上空、午後3時40分ごろに北海道上空、午後5時10分ごろに関西上空、午後6時50分ごろに八重山諸島上空。 …


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.22

また帰ってきたラバー・ダック   #osaka

大阪名物?のあのラバー・ダックが今年もまた帰って来ているそうです。

(アサヒ・コムから↓)

巨大アヒル、再び出番 被災地癒すため一役
大阪・中之島の水面に浮かんで人気をあつめた巨大アヒルが、今度は東日本大震災の復興支援に一役かう。22日からのチャリティー展示にあわせて限定グッズを販売し、支援金を被災地へ寄付する。 …

◇ 詳細情報はこちら

昨年はなかった(と思う)夜間ライトアップも復活する模様。一回ぐらい見ときたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ言うか産経新聞w

以前当ブログでもネタにしていた件について、ようやく国がその気になったようです。
ただ、本当にそれが必要だったタイミングからはあまりにも遅きに失してしまっているのですが・・・
京都新聞の社説を読んだ後、産経新聞の主張を読んだ私はぶっ飛んでしまいました(苦笑)

(京都新聞サイトから↓)

2011/10/22付け社説
原発防災域拡大  実効性第一に備えたい
原発事故に備えた防災対策の重点地域が、大幅に拡大されることになりそうだ。
原子力安全委員会事務局が示した案は、現行指針で「EPZ」と呼ぶ原発の半径8~10キロ圏を、30キロ圏に広げる。
このほか、直ちに避難する5キロ圏、安定ヨウ素剤を配備する50キロ圏を新設する、としている。
東京電力福島第1原発事故では、現行指針を大きく超える地域の住民が避難を求められた。
原発事故を想定しない甘い指針を反省し、事故の実態にそって重点地域を見直すのは当然だ。…

(産経新聞サイトから↓)


2011/10/22付け主張
原発防護域拡大 弊害多くて疑問も大きい
単純に範囲を拡張すればよいのだろうか。

原子力発電所の事故に備え、内閣府の原子力安全委員会が示した「緊急防護措置区域(UPZ)」などを新設する案に対しては、そうした疑問を持ってしまう。

これまで原発を中心に最大半径10キロだった区域が半径30キロ圏に拡大されるのだ。

UPZとは、原発事故時に備え、屋内退避や避難が速やかに行えるよう、普段から防護措置を整えておく区域のことだ。事故で漏れた放射線量が所定の数値を超えると区域内の住民に対し、指示が出されることになる。

今回の福島第1原発の事故では避難対象地域が徐々に拡大されたことで混乱が生じた。その改善を、範囲を拡大したUPZに託そうとする狙いのようだが、合理的で幅広い視点から議論した結果なのか疑問だ。

大部分の原発周辺で、避難対象の住民が25万人以上となり、最多の区域では100万人を超える。事故時に、これだけの人々をどうやって退避させるのか。受け入れ先の確保など、現実を見詰め直しての再検討が不可欠だ。

問題はこれにとどまらない。UPZの新設で防災対策を講じるエリアは拡大し、域内に含まれる自治体数が大幅に増加する。

電力会社は、原子力発電所が立地する自治体や県などと安全協定を結んで原発を運転しているが、関係自治体が増えれば、運転再開にあたっての全体合意の取り付けが難しくなりやすい。…


原発の問題に関して、産経新聞の主張があまりにもぶっ飛んでいるのは、いったいどういうことなんでしょう?
一刻も早く、本社を福島第一原発の隣かJビレッジあたりに移転させて、じっくりその身を以って検証してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.20

本日の武田教授 2011/10/20

「「優しい言葉」が子供を被曝させたか?」

"「痛みを分かち合う」、「地球に優しく」、「ゴミも分ければ資源」など言葉をいい加減に使っていると誤解が誤解を招きますが、この辺で「耳には心地よいが事実とは違う表現」を止めるようにしたいものです。本来なら「言葉、用語」を大切にする新聞やテレビまでもが新聞を読む人、テレビを聞く人に心地よさだけを考えて、日本語をダメにしているように感じられます。

今度の痛い経験を活かして、環境の専門家からまずは「地球に優しい」という言葉を使うのを止めて欲しいと思います。"

この部分には同意です。
地球に優しい、環境に優しいという言葉が世にあふれるようになって久しいですが、ケンカで100発パンチを入れる奴が80発のパンチになったところでそいつは優しくなったと言えるのでしょうか。たとえ1発でも相手にパンチをお見舞いする限りそいつは優しくなったとは言えません。パンチを見舞うことを止め、相手をいたわるようになって、そこで初めて「優しい」と言えるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.10.17

#2011年今年の漢字 

今年もいよいよこのイベントの季節がやってまいりました。

(京都新聞サイトから↓)

「今年の漢字」 漢検協、1日から募集

財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市下京区)は17日、世相や出来事から2011年を漢字1字で表す恒例の「今年の漢字」の募集を11月1日から始める、と発表した。…


今年は(まだ終わっていませんがw)どんな年だったのか。
いろいろと大変な出来事が起こりました。今なお継続中で、これからどうなるのか分からないこともたくさんあります。

そんな状況の中、どんな一字が選ばれるのか、注目して行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界最大規模って(笑)  http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111017mog00m040017000c.html via @mainichijpnews

世界最大規模っておっしゃいますが、このジャンルがお盛んなのは日本だけかと(笑)

(毎日新聞サイトから↓)

ゆるキャラまつり:世界最大規模の祭典に ガイドブックも人気 滋賀・彦根
◇全国のゆるキャラ、一堂に--彦根

全国の癒やし系キャラクター200体以上を一堂に集め、22、23両日に彦根市で開催される「ゆるキャラまつりin彦根~キグるミさみっと2011~」(実行委主催)のガイドブック(1冊500円)が人気を集めている。今年4回目の同さみっとは、ゆるキャラの聖地・彦根での世界最大規模の祭典になりそうだ。…

私も子供を連れて昨年行ってみましたが、人が多いのに全体的な雰囲気がゆるくてww、行って良かったと思わされるイベントでした。今年も行ってみたいなぁ~
駅から会場まで、歩くとちょっと遠いのが玉にキズ、かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.10.16

「ひがしなだスイーツめぐりバス」 #kobe #sweets

「おはよう朝日土曜日です」でこのネタを見ていたら、思いっきり心動かされるものがありましたcakecakecakecakecakecakecakecake

(読売新聞サイトから↓)

神戸・東灘スイーツ巡礼バス 35店ずらり…1日乗車200円
 神戸でスイーツを堪能しませんか――。神戸市東灘区で15日、菓子店を巡るバスが運行を始めた。地域活性化に取り組む地元の甲南大生らと、地域住民や商店主が、「有名店も多い東灘区をアピールしよう」と企画し、市も協力。〈スイーツの街〉として売り込み、観光客誘致を図る。

ひがしなだスイーツめぐりバス」で、土日祝日に同区内を計14便が周回。大人200円、子供・高齢者100円の1日乗り放題チケットで、35店(六甲アイランド所在の2店は、別のバスへの乗り換えと追加料金が必要)を巡ることができる。…


バスは30分に1本ペース。1回ではなくて1日乗り放題で¥200というのは、これは太っ腹ではないかと。
街中のあちこちにスイーツ屋が点在する神戸市東灘区ならでは、ということもあるのでしょうが、これはかなり魅力的な企画だと思います。

この秋の土休日はいろいろ予定のありそうな我が家ですが、現在私とヨメさんでここに参戦できないか緊急の検討会議を重ねているところでありますcakecakecakecakecakecakecakecakecakecakecakecakecakecake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.13

ご当地ナンバー拡大?

何年か前にここでも話題にしたネタですが、何やら動きがあるようです。

(MSN産経サイトから↓)

ご当地ナンバー拡大などを検討 国交省が有識者懇談会
2011.10.12 14:15

国土交通省は12日、自動車のナンバープレートのあり方を議論する有識者による懇談会を開いた。各地から要望の多い「ご当地ナンバー」の拡大の是非のほか、ナンバープレートの表示内容や形状などの抜本的見直しを含めて検討する。…

鈴鹿ナンバーは滋賀県大津市でも時折見かけますが、誰が運転していても、どんな車でも、やはり速そうです(笑)
で、またここで「びわこナンバー」が候補に挙がってくるんでしょうね。恥ずかしいww 滋賀県なら近江ナンバーのほうがまだしっくり来ます。

♯びわ湖は県面積の1/6にしか過ぎないのですから、見えない地域のことも考慮して考えないと。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011.10.07

本命不在?  #kumamon

京都新聞にはひこにゃんをはじめとしたゆるキャラ(R)の面々がよく載るのですが、そこに「くまモン」が載ってきたのでちょっとびっくりw

(京都新聞サイトから↓)

人気No1へ「清き一票を」  彦根、第2回ゆるキャラGP
全国のゆるキャラ人気ナンバーワンをインターネット投票で決める「ゆるキャラグランプリ2011」(11月26日投票締め切り)で、熱い「選挙戦」が繰り広げられている。彦根市の民間団体「ゆるキャラさみっと協会」が主催し、今年で2回目。本命「ひこにゃん」などが立候補せず、1日1回、誰でも気軽に投票できる独自の仕組みが激戦に拍車をかけている。…


この新聞記事オモロイです(^^) 結果がどう出るか、楽しみです。メジャーどころが居ないということは、今後わけの分からない新顔がランクインするという展開になるのではないかと。

ちなみに、うちには「くまモン」の生画像あります。

Kumamon2a_2


Kumamon_head_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

"一斉にシャツの襟を立てた人数世界一"

この夏「スイムキャップ一斉着用人数世界一」の記録を達成し見事ギネスブックに掲載されたひらかたパークですが、その第二弾が用意されていました。テレビでCM見て爆笑(^^;

(ひらかたパークイベント情報より↓)

ひらパー兄さんと一緒にギネス世界記録に挑戦!
~みんなで「ひらパー兄さん」~

ひらパー兄さんと一般参加の来園者が協力し、ひらかたパークを「世界一の遊園地」にするべく、園内でギネス世界記録TMに挑戦するイベントの第2弾。
ひらパー兄さんのコスチュームである「襟付きの白いシャツ」に「青いGパン」姿で集合し、一斉に襟を立てた人数のギネス世界記録TMに挑戦します。
参加者は、白シャツ・Gパンを着用してひらかたパークの野外ステージに集合。
記録達成の瞬間を撮影し、秋シーズンのポスター、CM、ホームページで展開していきます。
ひらパー兄さんになれなかった吉田敬氏も記録計測員として全面的にバックアップします。…


なお、参加にあたっては襟付きの白いシャツ、青いGパンに加えて、↓の同意書をダウンロードして署名して持って行く必要があるということで、参加される方はご注意あれ。(下にあるのは一部です)

Douisho01


面白そうなイベントですが何か不気味ですねw 私はとりあえず恥ずかしいので遠慮しときます(苦笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

A列車で行こう!

そう言えば、若いころ「A列車で行こう」に凝っていた時期がありました。ゲームのほうですけどねww

昔からあるのはジャズの名曲ですが、それが似合いそうな本物の鉄道車両が登場しました。これ乗ってみたいです~

(MSN産経サイトから↓)

ジャズの名曲流れる特急 「A列車で行こう」公開
あの名曲と一緒に「大人の旅」しませんか-。JR九州は5日、鹿児島線・三角線の熊本-三角間で新たな観光特急「A列車で行こう」を8日から運行するのを前に、福岡市内で車両をお披露目した。

外観は黒と金色のシックなたたずまい。車内は、木をふんだんに使い、天草地方に伝わる染め物「天草更紗」をモチーフにした柄の座席や、華やかなステンドグラスで大人の雰囲気。…

(アサヒ・コム熊本から↓)

A列車 見に行こう
JR三角線で8日から運行が始まる観光特急「A列車で行こう」の一般公開が5日、熊本駅(熊本市)であった。200人以上の鉄道ファンらが参加し、真新しい車両に見入った。…

水戸岡さんのデザインする鉄道車両って、文字がベタベタ多すぎるので実はあまり好きではなかったのですが、最近の昔の車両を黒基調で斬新にリニューアルしていくヤツは別ですね。「あそ1962」以来私にはヒットが続いてます。
三角線だけではもったいない。天草だけでなく阿蘇にも堂々と「A列車」で走って行ってもらいたいものです。


ところで、こういうオサレな列車、我らがJR西日本も走らせてほしいです。我が家の近所を走っている113系でも117系でも、変な緑一色なんか止めてひと思いに黒一色にして、「B列車で行こう」に仕立ててみてはいかがかと。
え、なんでBかって?そりゃびわ湖のBに決まってますがなww

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.10.05

その一文字は余計だ その2

私はてっきりiPhene5とかjPhone5が出てくると思っていたのですが、hiPhone5が既に出ているのですね。
こりゃ一本取られました(笑)

(MSN産経サイトから↓)

中国で売れ筋 2400円からの偽iPhone5
2011.8.13 21:26
未発売の米アップルの最新スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」とそっくりな機種が、中国のネット販売で飛ぶように売れている。

偽iPhoneの名称は「hiPhone(ハイフォーン)5」。中国の工場に生産委託される設計図が外部に漏洩(ろうえい)したとされるが、ネット販売の機種は数種類あり、価格も200~1200元(約2400~約1万4400円)と幅がある。…


探せば6とか7とか8とか、どんどん出てきそうです。
iPhoneの音声認識は正直すごいな、と思いましたが(注: この機能は現在日本語ではできません)、私が手にするのはいつのことやら。

KDDIでも売られることによって、ちょっとはその時が近づいたのかも知れません、
孫のオッサンがツイッターでSBとKDDIでは通信速度が違うとかつぶやいていたそうですが、どこかの知事じゃあるまいし仮に会社のトップにあるという人がツイッターで他社をこき下ろすというのはいくらなんでも失礼な話だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江大橋無料化の件その後 #shiga

先日書いていたネタの続き。

(京都新聞サイトから↓)

近江大橋の有料継続 13年末まで、滋賀県方針
滋賀県は4日、来年9月に迫っていた近江大橋の通行料徴収期間を1年3カ月延長し、2013年12月までは有料とする方針を明らかにした。橋の補強工事に約27億円の費用がかかるためとしている。14年1月以降の徴収や維持管理の在り方は本年度内にも設置する検討会で議論する。

近江大橋は1974年に大津市と草津市を結ぶ約1・3キロの2車線で暫定開通した。県道路公社が建設費を借り入れ、通行料で返済している。85年の4車線化で建設費が増えたため、無料開放する時期を当初の2002年9月から来年9月まで10年先送りしていた。…


はいはい、そうやってズルズルズルズルいつまでも先送りするのですね。わかります。

橋の老朽化とか周辺の渋滞対策とかも絡んでくる話なのですから、この調子で行くといつまで経ってもケリは付けられないでしょう。
むしろ、さっさと決めてしまったほうが良いのではないでしょうか。有料化を続けます、そのためにETCの設備を付けます、利用状況に応じて料金の割引をします、という選択肢もアリかと思うのですが、今の状況ではそれも出来ません。
ということは、滋賀県道路公社の中とその周辺で、甘い汁を吸っている人たちが居る、という見方もアリでしょうね。ETCを導入すると料金所は無人化されるわけですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.02

その一文字は余計だ #kyoto

B級ではなくて、「特B級」だそうです。
B級グルメはあくまでもB級だからB級なのです。
「特別なB級」と謳った時点でそれはもうB級ではなくなっていると思います。どうしてここの人たちは素直に「京都B級グルメ…」と言えないのでしょうか。

(第26回国民文化祭・京都2011サイトから↓)

「京都特B級グルメフェスティバル」出店者募集中!

京都だから特別なB級グルメ=特B級グルメフェスティバルです。
70店舗の「ご当地グルメ」が並び他に津山のホルモンうどんをはじめ、B-1グランプリを獲得した味も並びます。

ただいま出店者募集中!腕によりをかけた「我と思わん味」を募集しています。
単なる安価な食ではなく、京都の食材を使用したメニュー、または多くの人達に愛され続けた味を期待しています。

出店者募集 9月30日(金)まで受付中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »