« 高速道路でF1 | トップページ | ロームのイルミネーション中止のお知らせ #kyoto »

2011.10.29

"平成22年度エネルギーに関する年次報告" いわゆるエネルギー白書ってやつ

まぁそんなものだろうと思って斜め読み(^^;)してみたら、そんなものでした。
書き手の立場からすれば、レポートの内容は立場が悪くなるにつれ淡々としたものになっていくというのは、私も経験があります(笑)

(アサヒ・コムから↓)

エネ白書「反省し、聖域なく見直す」 原発の経緯淡々と
原子力発電に頼ってきたエネルギー政策を、「反省し、聖域なく見直す」としたエネルギー白書(2010年度版)を、野田政権は28日、閣議決定した。原発について、前年度まであった肯定的な表現が姿を消し、これまでの経緯を淡々と記す内容に改めた。 …

まぁ今までバリバリガリガリ推進してきてこのザマですから、原子力推進を匂わせるような文言はさすがに書けませんわな、今は。
でもそのうち有耶無耶にされて、元通りにされる可能性は、今の政治家やメディアの振る舞いを見ていると限りなく100%に近いと思います。


原子力村とそこに出入りしていた連中にはしっかり落とし前を付けてもらわなければなりません。
心底から反省させ、大地と海と私たちの暮らしからリスクを取り除き、私たちの子子孫孫にツケを押し付けない道筋が付くまで、彼らには働いてもらわなければ。

|

« 高速道路でF1 | トップページ | ロームのイルミネーション中止のお知らせ #kyoto »

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/53108084

この記事へのトラックバック一覧です: "平成22年度エネルギーに関する年次報告" いわゆるエネルギー白書ってやつ:

« 高速道路でF1 | トップページ | ロームのイルミネーション中止のお知らせ #kyoto »