« 本日の武田教授  2012/1/6 | トップページ | 復活するんでしょうか? #shiga »

2012.01.07

インド版「巨人の星」

舞台がインドだけに、言葉の響き的には"コンダーラ"が出てきてもおかしくはないよねimpactと思ったりもしましたが、それはあり得なくとも、登場人物がむやみやたらに踊りまくるシーンはあるのかも…と妙な想像をしてしまいました。
♯いろんな意味で(苦笑)、実際に観てみたいものです。

(MSN産経サイトから↓)

インド版「巨人の星」放送 クリケットで魔球も登場
“スポ根”漫画の草分け「巨人の星」の設定を野球に似たクリケットに置き換えたインド版アニメが、今年秋から同国で全国放送されることが6日分かった。出版元の講談社が中心となり、日本とインドで共同制作する。

 主人公の星飛雄馬が生まれ育った日本の高度経済成長期と、発展著しい現在のインドの社会状況が似通っていることから企画された。大筋は原作と変えず、地元の文化や習慣、宗教観などに合わせて制作。おなじみの魔球「大リーグボール」や養成ギプス、父・星一徹の「ちゃぶ台返し」に当たる設定を盛り込む。…

クリケットというスポーツについては、海外でテレビ中継を観たことがある程度の関わりしかなく、そのルールも正直よく分かりません。野球のルーツ、という程度しか理解がないです。でもテレビで観た試合の盛り上がりぶりは野球やMLBと変わらないものがありましたね~ 
原作の筋は残してインドとクリケットに舞台を置き換えるということで、記事に書かれている内容の他に、消える魔球とかどう置き換わるのか興味深々です。

|

« 本日の武田教授  2012/1/6 | トップページ | 復活するんでしょうか? #shiga »

ネタ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

社会勉強」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/53675507

この記事へのトラックバック一覧です: インド版「巨人の星」:

« 本日の武田教授  2012/1/6 | トップページ | 復活するんでしょうか? #shiga »