« 約1時間で京都散策  #kyoto | トップページ | 本日の武田教授 (2012/4/16) »

2012.04.14

誰がどうやって責任を持つのでしょう?  ---- 日本に対して、世界に対して、ご先祖様に対して、子子孫孫世代に対して、地球の自然に対して ---   #genpatsu

フクイチ事故の収束も夢のまた夢という状況で、原発再稼働とはもう狂気の沙汰としか言いようがありません。どうすればこの流れが止められるのでしょうか?

(毎日新聞サイトから↓)

大飯再稼働: 政府が初の住民説明会開催へ
定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題で、おおい町が原発の安全対策などを住民に理解してもらうために国に開催を求めている住民説明会について、政府が応じる方針であることが分かった。再稼働を巡って国が住民に直接理解を求めるのは初めてとなる。同様に停止中の原発を抱える他の立地自治体も強い関心を示している。…

まあどうせ立地自治体で住民説明会をしたところで、結果はもう分かり切ってますわな。
反対派の人たちが乱入したところで、邪魔者扱いされて締め出されて終わり。


大飯原発はおおい町から若狭湾に付き出した半島の先にあります。この半島にある民宿には何度かカニを食べに行ったことがありますが、民宿の裏山の向こうがまさに原発の敷地でした。
Wakasa_obama01

万一フクイチ級の事故が起こった時、京都府や滋賀県が影響を受けるというのはバンバン知事さんの言動が全国に報じられていますが、実は一番インパクトを受けるのはおおい町の東隣にある福井県小浜市でしょう。地図で一目瞭然ですが間を隔てているのは海だけです。
しかもこの小浜市、原発銀座と言われる福井県若狭地方で最大の人口を持つ都市ながら市内に原発が一基もないので、このロケーションでも立地自治体ではないのです。本日のエダノ君の訪問先にも小浜市長は含まれていません。住民説明会やるなら小浜市民にも広く説明する必要がありそうですが、立地自治体でなければやらないように思われます。なんかもう日本の原発関係の法律の体系って、ムチャクチャですね。

自然や科学の摂理をスルーして進められる政治判断っていったい何なんでしょうか? 

|

« 約1時間で京都散策  #kyoto | トップページ | 本日の武田教授 (2012/4/16) »

ニュース」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/54471329

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がどうやって責任を持つのでしょう?  ---- 日本に対して、世界に対して、ご先祖様に対して、子子孫孫世代に対して、地球の自然に対して ---   #genpatsu:

« 約1時間で京都散策  #kyoto | トップページ | 本日の武田教授 (2012/4/16) »