« 不信感つのるつのる | トップページ | いちぱん無難な選択 »

2012.04.28

昨日の武田教授 (2012/4/27)

「あと3年・・・日本に住めなくなる日 2015年3月31日」

この表現には違和感バリバリ感じてしまいます。

これは、日本に物理的に住めなくなるわけではなく、ある閾値に達することでそのリスクが顕在化してくるということでしょう。
それで実際どうなるのかは、その時になってみないと分からないというのがまた困ったものです。
しかも誰も責任を取ろうとしてませんし、仮に取ってもらったところでどうにもなりません。


何はともあれ、私らの世代はともかく、まだ自分の人生を歩み始めたばかりの子供たちの世代や、生まれてきてもいない将来の世代にツケを押し付けてしまうのは、これはいけません。
それを今ある知見と技術で可能な限り最小化を図る努力をすることこそ、今の私たちのやることだと思います。原発の再稼働では断じてありません。

|

« 不信感つのるつのる | トップページ | いちぱん無難な選択 »

災害」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/54577225

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の武田教授 (2012/4/27):

« 不信感つのるつのる | トップページ | いちぱん無難な選択 »