« 続・マスコミってさあ… | トップページ | 昨日の武田教授 (2012/4/27) »

2012.04.27

不信感つのるつのる

何はともあれ、元は自分たちが撒き育ててきた種。刈り取っていただきましょう。

(中日新聞サイトから↓)

関電の電力需給見通しに不信感
二十六日に大阪市内で開かれた関西広域連合委員会。出席した関西電力幹部が大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼動しなかった場合、計画停電を実施するとも受け取れる発言をすれば、広域連合が関電に専門家を派遣し、電力需給を検証するプロジェクトチームを発足することを決めた。電力需給の厳しい見通しを繰り返す関電に、嘉田由紀子知事らは関電のデータや姿勢に不信感をあらわにした。 

 「非常時の対策などを含めて考えざる得ない可能性がある」。関電の香川次朗副社長は一昨年に比べ16%の電力が不足し、大飯原発3、4号機が再稼働しない場合、今夏の電力需給見通しを訴えた。…

(京都新聞サイトから↓)

関電に専門家派遣を決定 広域連合、京都府が提案
京都府や滋賀県など7府県と2政令市で構成する関西広域連合は26日、今夏の大幅な電力不足を見込む関西電力に対し、電力の専門家などでつくるプロジェクトチーム(PT)を派遣し、需給状況を検証することを決めた。電力不足が妥当かどうか客観的な視点で点検するため京都府が提案し、関電側も受け入れに前向きな姿勢を示している。

 関電は大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が再稼働せずに原発ゼロで夏を迎えた場合、節電努力や供給の上積みを盛り込んでもピーク時には16・3%の電力不足が生じると試算している。…

とりあえず元の数字(電力の需要予測)の根拠が怪しいと皆に思われているのですから、関電はまずそこをクリアにせなあきませんわな。
天候という不確定要素がありますが、皆の昨夏今冬の節電努力も反映はさせるべきでしょう。例えば関西の鉄道会社は電車の数を減らしたり、消費電力のより小さい新型車両への置き換えを進めたりしています。パチンコなど非生産的なギャンブル業界や、どうでもいいくだらない情報を垂れ流すテレビ局の営業を止めさせれば、この夏電気が足りないなんてことは起こらないと思います。

関電さんは、上の記事からすればどうも電気が足りないと停電しますよと恫喝めいたことも言ってはるように思われますが、人間は別に電気を食べたり呼吸して生きているわけではありません。私らが関電さんにお世話になってきたこれまでの間も、天災以外の理由で幾度も無計画な停電に遭遇していますが、私らも私らの暮らしも関西圏の経済活動もそれでおかしくなったということは別段ないと思います。京都府の半分くらいの地域が真昼間にいきなり停電したこともありましたし、九州や沖縄でなら台風の後数日間停電してたなんてザラでしょう。

電気が止まったら経済活動に支障をきたすというのは詭弁以外の何物でもありません。もっと私たちが納得できるような上手な言い訳を用意していただけませんか?ww

|

« 続・マスコミってさあ… | トップページ | 昨日の武田教授 (2012/4/27) »

暮らし」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/54568587

この記事へのトラックバック一覧です: 不信感つのるつのる:

« 続・マスコミってさあ… | トップページ | 昨日の武田教授 (2012/4/27) »