« 出張します | トップページ | 【滋賀】フレンドタウン瀬田川(仮称) #shiga »

2012.05.13

2012/5/13 京都新聞 社説

関電需給見通し  「再稼働ありき」なのか


電気を作る方法も、出来るだけ使わないで済む知恵ももう分かっています。

別にそこに税金をわざわざ投入する必要なんかなくて、ただ法律や法令をちょちょっと調整して、それを皆が生かせるようにすれば問題は自ずから解決するでしょう。
この期に及んで電力会社に発電と送電の権限を握らせっ放しにしてるのは何でなんでしょう? 権限に見合った責任を彼らがしっかりと果たしていれば、こんなに話がおかしくなることはなかったのに。

関西が電力不足になるリスクと、原発が壊れてどうにかなるリスクを天秤にかけるのはどうかと思います。
若狭の原発は、事故ってなくとも原子炉の劣化は進んでいますしロケーション自体北朝鮮に向かってほぼ丸腰状態なんですから、再稼働なんてもってのほかですよ。

|

« 出張します | トップページ | 【滋賀】フレンドタウン瀬田川(仮称) #shiga »

災害」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/54699002

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/5/13 京都新聞 社説:

« 出張します | トップページ | 【滋賀】フレンドタウン瀬田川(仮称) #shiga »