« "The Times They Are A-Changin' ( by Bob Dylan )" 時代は変わる | トップページ | そりゃクラウド(雲)サービスなんだから、消えることもあるわな »

2012.06.23

計画停電概要発表

関西電力からこの夏の計画停電の計画が発表されました。
我が家もさっそく新聞でチェックしましたよ。
住所表記がたぶん日本一ややこしい(と思う)京都市内だと、自分の該当しているところがどこか探すのはけっこう大変かも(苦笑)

(京都新聞サイトから↓)

48区域分け、各2時間 関電が計画停電体制発表
関西電力は22日、今夏の電力不足に備えた計画停電の実施方法を発表した。管内を48区域に分け、京都、滋賀など各支店管内に12区域ずつ割り当てた。地域をばらつかせながら1日当たり1区域2時間ずつ停電させる。医療機関や鉄道、原子力発電所の周辺30キロ圏内などは停電対象から除外したが、家庭や企業などで混乱も予想され、関電は該当区域の周知に努める。

政府が同日決定した電力需給対策に沿い、中部・西日本の6電力管内全体の供給余力が1%を下回った(電力使用率99%超)場合に実施する。

計48区域は管内を6グループに分け、さらに各グループをA~Hに8分割した。実施に際しては時間帯を日ごとにずらし、電力不足量に応じて区域数を調節する。1区域当たり契約口数は平均約25万軒で、電力量は約44万キロワットになる。停電を行うかどうかは前日夕方に公表し、当日の実施2時間前に停電させる区域を最終決定する。…

◆資料(PDF)はこちら

しかし思ったのですが、ご丁寧に区割りしてくれたのは良いのですが、確か一日の中で電気の使用量が発電量と拮抗するか上回ると考えられている時間は昼間の午後の数時間だけだったはず。
ということで、資料に書いてある「第3時間帯」「第4時間帯」のところが自分たちの属するサブグループに当たっている日時に絞って心配しておけば良いと私は理解したのですがいかがでしょう。


私も含めて私たちは最近電気は安定的に供給されて当たり前と思ってしまっていますが、停電のリスクはそもそも日常の中に潜んでいるものです。地震や台風などの自然災害による停電、電柱に車が突っ込んで折れたとか変電所での作業ミスなど人的要因による停電、ホントはふだんから備えておかないといけないんですよね。そして、この計画停電の段取りも、私たちは食べ物やエネルギー資源のかなり部分を海外からの輸入に依存している以上、そもそも国が危機管理の一環で持っておくべきものだったんちゃうの?と私は思うのです。

|

« "The Times They Are A-Changin' ( by Bob Dylan )" 時代は変わる | トップページ | そりゃクラウド(雲)サービスなんだから、消えることもあるわな »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/55030836

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電概要発表:

« "The Times They Are A-Changin' ( by Bob Dylan )" 時代は変わる | トップページ | そりゃクラウド(雲)サービスなんだから、消えることもあるわな »