« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013.01.31

報告書完成

そもそもこの第三者委員会が調査を開始するまでにタイムラグがあまりにも長くなったため、正直あまり期待はしていなかったのですが、その割には内容のある報告書にまとまったようですね。
作成にあたった委員会の方々のご尽力には頭が下がります。ありがとうございました。

(京都新聞サイトから↓)

いじめ、自殺の主要因 大津・第三者委報告書
大津市で2011年10月、中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺し、いじめとの関連が指摘されている問題で、事実解明を進めてきた第三者調査委員会が市に31日に提出する報告書に、同級生によるいじめが自殺の大きな要因になったとする判断を盛り込むことが30日、分かった。焦点だった、いじめと自殺の因果関係を認める内容となる。

 第三者委は約5カ月の調査の中で、同じ中学に通う生徒や教師、市教育委員会幹部、遺族から聞き取りを進めた。学校や市教委が残した資料と合わせて、いじめの事実を確定した上で、複数の観点で自殺の原因を考察した結果、いじめが大きな要因になったとした。…

まぁそうでしょう。
主因は「いじめ」だったと私もそう思っていますが、そこに至るまでさまざまな副因とか背景があったことを押さえておかねばなりません。残念ながら、この報告書でも網羅し切れていないことがあるでしょう。発表できないこともあるでしょう。地元民にはいろいろ思うことがあります。

彼がその選択をしたのは、その選択肢しか選びようがなくなっていたからです。自分自身はもちろん、自分の大切な家族や友人知人がそういう状況にならないようにするにはどうしていけば良いか、ちゃんと考えていかないといけません。


報告書は今日コッシー市長のところまで届きましたが、問題はそこからです。
先生方、学校、教育委員会には是非報告書を受け止めてもらいたいところですが、そもそもそのあたりは外からの報告とか指摘を受けて動く仕様にはなっておりません。
今まで自立を誇る一方で自律をさんざん怠ってきた組織には、何か問題が起こったからと言ってまともな対応は望めません。

[2013/2/1追記: 京都新聞サイトから↓]

いじめが「直接的要因」 大津中2自殺、第三者委
大津市で2011年10月、当時13歳の男子中学生が自殺した問題で、市の第三者調査委員会(委員長・横山巌弁護士)は31日、いじめが自殺の「直接的要因」とする報告書を越直美市長に提出した。学校は自殺前にいじめを認識しながら有効な対策をとらなかったと指摘し、自殺後は原因を家庭問題とする見解を示した市教委の対応を「組織防衛」と批判した。市内全教員の研修など再発防止の提言も盛り込み、市教委が今後5年間、取り組みの成果を市長に報告するよう要請した。

第三者委は昨年8月以降、生徒や教師ら56人から計62回の聞き取りを実施。積み上げた事実から分析を進めた。…

ちなみに現在の大津市ではあの教育長が任期をまっとうして退任した後、その席は空席です。どうするんでしょうかね。

そして、例の三人組はいっこうにこの状況を受け入れようとはしていない模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.29

ご褒美w  #kyoto

普段から王将のお世話になって育っている京都の高校生にとっては、これはたまらないご褒美ですヽ(´▽`)/
王将さんGJです! 

(京都新聞サイトから↓)

京都橘イレブンに王将食べ放題の「ご褒美」

サッカーの全国高校選手権で準優勝した京都橘イレブンに、王将フードサービスから食べ放題の「ご褒美」が振る舞われた。

同校の活躍をねぎらおうと「餃子の王将」桃山店(京都市伏見区)を貸し切って実施。部員ら96人が参加し、ギョーザ約160人前をはじめ、…


王将の本社は実は京都橘高校からそう離れてはいないところにありますが、今回のはやはり店長さんの裁量で決めはったんでしょうかね。
何はともあれ良い話です。

ところで、京都橘高校サッカー部は準優勝でこの扱いですが、優勝した宮崎の鵬翔高校サッカー部には何かご褒美はあったのでしょうか。「おぐら」でチキン南蛮食べ放題とか、「ひだか」でなんじゃこりゃ大福の食べ放題とか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.27

燃料投入用話題

その自治体の外から来た人にサービスに対するコストを負担してもらうという発想自体には問題ないでしょう。京都市動物園も中学生以下と70歳以上の方は無料ですが、別に有料になっても私は文句を言いません。
こんなのは、地方の市町村が運営にかかわっている温泉施設とかでは広く普通に行われていることです。

(MSN産経サイトから↓)

市税で大阪市以外の子供を面倒みる必要ない」 天王寺動物園の入園料で橋下市長

大阪市は26日、中学生以下は無料にしている市立天王寺動物園(天王寺区)の入園料について、市外の小学生・中学生は4月から200円の入園料を取る方針を決めた。同動物園の年間経費の約7割が市税でまかなわれており、橋下徹市長は「市税で周辺市町村の子供の分まで面倒をみる必要はない」と述べた。…

誰ですかハッシーにこんなこと言わせる質問をしたのは(笑)
単に燃料を投入してるだけやん(と言いつつ当ブログもそれに乗っかってますねww)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.26

【京都】第二外環状道路 もうすぐ開通だよ #kyoto

待望の京都第二外環状道路(内輪ではw"にそと"、というらしい)がいよいよこの春開通します。
R9の千代原口交差点の立体交差化と合わせて考えると、これまで渋滞がとにかく酷かった京都市西部の交通事情がけっこう改善されるように思うのですが、果たしてどうなるでしょうか。

(京都新聞サイトから↓)

「第二外環」3月中に開通 京都縦貫道と名神高速を直結

京都府の南北を貫く京都縦貫自動車道と名神高速道路を結ぶ「京都第二外環状道路」(通称・にそと)が3月中に開通する。府南部や大阪から府北中部へのアクセスが「飛躍的に向上する」と期待され、京都市中心部の渋滞緩和にもつながる。2年後には京都縦貫道の全線が開通し、府の念願だった「背骨」の基幹道路がようやく整備されることになる。

■府北中部アクセス向上 京中心部の渋滞緩和へ

にそとは、京都縦貫道沓掛インター(IC、西京区)から名神大山崎ジャンクション(JCT、大山崎町)をへて、久御山IC(久御山町)までを結ぶ約16キロの自動車専用道路。…


名神と直結するというのはかなり大きいですね。食材の宝庫でもある京都府中部北部へのアクセスが劇的に改善され、経済や観光面への波及効果がいろいろ出てくると思います。横を通る某鉄道会社みたいに完全複線化と言いながら実はボトルネックがほったらかしで電車の本数が増やせないのとは違い、少なくとも南丹市園部まで片側2車線でつながりますから。交通網の整備が実は諸般の事情(謎)により他の都道府県より3歩4歩遅れていた京都「府」も、これで全国並みに近づいた感がします。
メグミルクの工場ミートボール工場(※リンク先はPDFファイル)男前豆腐店本社工場(※工場見学はやっていませんが豆腐とグッズが購入可能です)などにも行きやすくなりますね。もちろんあのかやぶき集落で知られる美山町もより近くなるので、大阪の梅田や難波から高速路線バスが走ってもおかしくないと思われます。

我が家的にも、このルート開通は渋滞が緩和されるという点で歓迎です。
ただ、大山崎で京滋バイパスともつながるということで、園部から高速に乗ってまっすぐ走ると大津の南郷とか石山という思いっきり南部に出てしまうというのはちょっと複雑な気分になるかも知れません(笑) 
かと言って、複雑怪奇な構造の大山崎ジャンクションの中をクネクネ走って名神に出るというのもちょっと面倒くさそうです。


Nisoto_summary_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.23

【京都】 ダイヤモンド・プリンセス舞鶴に寄港 #kyoto

大阪港にもめったに来ないのに… 舞鶴港に一年間に5回も寄港するとは驚きです。ただし来年ですけどね。

(京都新聞サイトから↓)

大型国際客船 舞鶴に寄港 来年5回 過去最大11万トン級
京都府は23日、大型国際クルーズ客船ダイヤモンド・プリンセス(11万6千トン)が2014年4~9月に5回、舞鶴港に寄港すると発表した。今年5、7月に寄港するサン・プリンセス(7万7千トン)を上回る過去最大の客船の寄港となる。

同船は米国の船会社が保有し、乗客定員2670人、乗組員数1238人。…

「プリンセス」シリーズの画像… サファイア・プリンセス スター・プリンセス ※いずれも大阪・弁天埠頭にて私が撮りました


舞鶴港から発着する新日本海フェリーもかなり大きいですが、トン数で言うとその5倍くらいありますから大きさは想像していただけると思います。
ちなみに記事によると現在の舞鶴港では対応できないので改修工事か入るとか。大変ですな。


[追記]
記事をよく読むと日本発着のクルーズとありますな。ということは横浜や大阪にも普通にやって来てくれそうですね。船名が船名だけに(謎)長崎は外せないと思われ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆け込み辞職騒動

卒業式や公立高校の入試直前にクラス担任を辞職する先生はさすがに居ないと思うのですが…どうなんでしょ?

(MSN産経サイトから↓)

警察官も教師も“金の切れ目が…” 退職金減額前「駆け込み辞職願」乱発
退職手当が減額されるのを前に、埼玉県の教員が100人以上も“駆け込み退職”する見込みになっていることが明らかになった問題で、ほかにも佐賀県や徳島県で、今年1月からの引き下げを前に、計43人の教員が退職していることが分かった。さらに愛知県警でも、退職金が3月1日から引き下げられるのを前に、すでに100人以上が辞職願を提出していることが分かった。教員や警察官の駆け込み退職が続けば現場への影響も少なくないとみられ、文部科学省は全国の都道府県に対し、退職手当減額の有無や実施時期を報告するよう求めた。…

仮に自分の子供の担任がこういう風にしていきなり辞めたら、腹立たしく思うでしょうが、長年現場の第一線で大きくて重い責任を背負って頑張って来られた方に、退職金の減額を我慢して働けよ!とはよう言いません。彼らも公務員である前に労働者なのですから、第一線を退いた後の人生を考える権利があります。
問題は、学期末や年度末という区切りをまったく無視して事を運んだ自治体上層部にあります。一ヶ月余計に働いたら、一ヶ月分の給料以上の金額が退職金から削られるというのは、そんなのやってられないですよね。私がそういう立場であれば、辞めることを真剣に考えると思います(苦笑)
だいたい、こういうことを決めた人たちは、こんな心配などしなくて良いポジションに居たりします(想像)。

ほんの一部の人たちがお上からのプレッシャーをかわそうとしたおかげで、現場の第一線で真面目にやってこられた方と、私たちが迷惑を被るというのは、ほんとバカらしい話です。


あと、産経新聞、この見出しを何で"公務員不祥事"にカテゴライズするのかな? アホちゃう?
Midashi_20130123a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.17

グランフロント大阪 #osaka 2013.4.26オープン(予定)

梅田にこんだけ店作ってどうすんねん、とも思ってしまうのですが、さらに貨物駅のあるところも新しくなるんですよね。

(京都新聞サイトから↓)

うめきた複合施設4月26日オープン 京からも出店
JR大阪駅北側の再開発地域「うめきた」(大阪市北区)の複合施設「グランフロント大阪」が4月26日にオープンすることが決まり、開発する三菱地所や阪急電鉄が16日発表した。商業施設は日本初出店ブランドやセレクトショップを入れ、初年度約400億円の売上高を目指す。…

いつの間にか中央郵便局跡地も更地にされているようで、あと残っているのは阪神百貨店の建物ぐらいだと思うのですがご心配なく。立ち消えになっていた建て替え計画が息を吹き返した模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.15

大人の都合

正直、私にとってこのニュースは起こるべくして起こったものであって、特に驚くようなものではありません。学校と教育委員会がこういう時にどう動くのか、それは昨夏他のところでじっくり拝見させていただきました。

(京都新聞サイトから↓)

桜宮高バスケ部活動、無期限停止
体育科入試中止と橋下氏

大阪市立桜宮高バスケットボール部の男子生徒=当時(17)=が顧問(47)の体罰後に自殺した問題で、大阪市教育委員会は15日、体罰があったバスケット部とバレーボール部の活動を無期限停止することを決めた。

橋下徹市長は15日の記者会見で「体育科の入試はいったんやめるべきだ」と述べ、今年の市立桜宮高の体育科の入試を中止したいとの考えを表明。…

顧問の先生が起こした不祥事を、なんで生徒たちまでその責任を背負わないといけないのか、理解に苦しむ対応です。生徒たちが当該の先生と一緒になってビンタに参加していたりとかすれば話は別ですがね。
記事にあるようなことをしたところで単なる大人の都合です。大人の都合であれこれ手を打ったところで、それはしょせんうわべだけの対応でしかありません。顧問の先生にはきっちりと自分の起こしたことと向き合っていただかなくてはいけません。コソコソしてないで、表に出て、ちゃんと自分の言葉で説明してください。

ちなみに私は誤解を恐れずに書きますが体罰は容認派です。心身の痛みを教えるため、気づかせるためには実際に痛みを味わってもらわないといけないケースはあると思いますので。
ただし今回のケースは明らかに体罰ではなくてただの暴行事件です。目先の試合に勝つより、人生という壮大な試合に勝つ力を与えることこそ、先生の仕事だと思うんですけどね。

[2013/1/21追記]
で、あっさりと「結論」です。
(MSN産経サイトから↓)

桜宮高募集“中止” 受験生配慮し「折衷案」に
大阪市立桜宮高バスケットボール部主将だった2年の男子生徒=当時(17)=の自殺問題に絡み、橋下徹市長が中止を要請していた体育系2科の募集について、市教委は21日の教育委員会議で中止を決定。定員120人を普通科として募集することを賛成多数で決めた。試験科目や配点、通学区域は従来の体育系2科と同じで、予算権限をちらつかせる橋下市長と受験生双方に配慮した「折衷案」に落ち着いた形だ。

会議では、体育系2科の普通科への変更案と、現行通り実施する2案を提示。委員5人の採決で、変更案に4人が賛成。長谷川恵一委員長が唯一、反対した。…

ホンマ大人の都合ですわ。教育委員さんたちは、結局はその場をしのぎたかっただけなのでしょう。私には心当たりのある状況です。
肝心の顧問の先生が亡くなった彼に向かって心から手を合わせる日はいつ来るのでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.09

「221系近郊形電車のリニューアル」 #jrwest

滋賀県民にとってはおなじみの、JR西日本の221系電車。
白ベースの外観。室内も明るくて乗り心地も良いので個人的には好きな車両なのですが、実は登場してからもう25年も経つのですね。
リニューアルでどうなるのかと言えば、一言で言えば単に室内がつり革が増えたりドア付近の座席に補助席が付いたりトイレが車椅子対応になったり…と最新の225系っぽくなるだけのようですが、このリニューアルでまだまだ頑張ってもらいたいと思います。時速130キロで営業運転したって全然問題ないでしょう。


(JR西日本プレスリリースから↓)

221系近郊形電車のリニューアルについて
221系近郊形電車は、JR西日本発足(昭和62年)後、弊社のイメージの一翼を担う車両として新製した車両です。平成元年のデビュー以降、平成4年までに474両を投入し、主にJR京都線・神戸線、関西線などで新快速・快速として活躍してきました。
この度、新製から25年が経過しましたが、今後の社会的ニーズの変化に対応するため、さらなる安全性向上およびサービス向上を目指したリニューアルを行います。…

外観のあの絶妙な塗装には手を付けないでもらいたいものです。あと室内の端っこにあるデジタル時計、あれも良い装備です。


ところで、221系の前に新快速で使っていて、現在もなお滋賀県内では活躍中の117系電車のリニューアルは・・・してないことはないですが(苦笑)、もう変わらないのでしょうか。
せめて滋賀県民にドアを手で開けさせるようなことは止めさせて欲しいんですけどww

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013.01.05

【京都】 梅小路公園拡張計画 #kyoto

いろいろゴタゴタしつつも京都水族館が出来て、蒸気機関車館の全面リニューアル計画が始動したところに、さらに京都市が梅小路公園自体を拡張整備してくれるそうです。

(京都新聞サイトから↓)

梅小路公園にチンチン電車 京都市が拡張計画 14年全面開園へ
京都市は4日、下京区の梅小路公園に、蓄電池の動力で日本最古のチンチン電車を走らせたり、明治-昭和時代に使っていた市電を展示するなどの拡張再整備計画を発表した。2016年に開業するJR西日本の鉄道博物館や、入館者が200万人を超えた京都水族館と連動させ地域の活性化につなげる。14年1月に全面開園を目指す。

 計画では、京都水族館西側にあるJR西から借りた社宅跡地計約6400平方メートルに、市内最大規模の遊具を配置した芝生広場や休憩施設(カフェ)のある「すざくゆめ広場」(約5700平方メートル)と、市電を展示する「市電ひろば」(約700平方メートル)を整備する。

 現在、鉄道博物館の建設予定地を走っているチンチン電車を移設し、二つの広場に乗降場を設けてつなげる。受変電設備などが必要な架線方式をやめ、最新鋭の蓄電池を使う車両に改良し、…

いろいろ出来てきますよねー。我が家からだとJRで二駅なので、午前中は公園で遊んで、京都駅近辺で食事と買い物を済ませれば、一日丸々居られます。もう河原町なんてどこ?という感じです(苦笑) 水族館の年間パスを持って行くと、駅前のいろんな店で特典が受けられますからねぇ~

復元される市電は蓄電池駆動ですか。蓄電池と言えば、GSユアサさんの本社がすぐそばですから、市長さんがちょっとお願いすれば全面的なサポートが得られるのではないでしょうか(笑)
京都は日本における蓄電池発祥の地なのですから、活用しない手はありません。どうせなら、梅小路貨物駅の中を通ってGSユアサ本社まで直接線路をつなげてしまっても良いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.01.01

2013年もよろしくお願いいたします(^^)

2013greeting01

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうかよろしくお願いいたします。

皆さんのこの一年が、実りあるものになりますようにsun

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »