« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013.07.28

"滋賀交通ビジョン" だって  #shiga

電気を食らうリニア新幹線(* リンク先はPDF)は、JR東海のエライさんも既にそういうことをおっしゃってはりますが、原発再稼働・推進の口実のひとつになり得ます。
嘉田知事にはそのあたりを踏まえてこういう資料は出して欲しかったと思います。

(京都新聞サイトから↓)

リニア見据え交通政策 滋賀県、30年までの「ビジョン」原案
滋賀県はこのほど、2030年までの長期的な交通政策の指針となる「滋賀交通ビジョン」の原案をまとめた。リニア中央新幹線の開通や北陸新幹線の延伸を見据えた交通網の検討のほか、災害時に陸上交通の代替として湖上交通を活用するための施策を進めるとしている。

広域的な政策では、北陸新幹線の敦賀以西ルートについて、建設費負担と並行在来線の問題を近畿圏全体で連携して解決するとした。2027年に東京-名古屋間で開業予定のリニア中央新幹線へのアクセスを高めるため、東海道新幹線の県内停車数の増加や新駅の可能性を検討するが、「過去に新駅を中止した経緯の説明も含めて、県民、市町と課題の共有を図る」とした。…


北陸新幹線は、既存の資金供出スキームでは、滋賀県は資金負担ばかり重くてメリットがほとんど感じられないのは明白です。
新駅を作るなら、周辺地域に何のメリットもないあの南びわ湖駅より、いわゆる湖東新駅プランのほうが経済効果は間違いなく見込めるでしょう。

LRTは京阪電車石坂線と絡めれば京都の地下鉄への乗り入れも視野に入ります。ただし線路がクネクネ曲がっていますが。
石山寺から田上、青山、立命館大学経由で草津まで線路を敷いたら良いのにね。

湖上交通は自転車や車を安く運べるようにすれば活気付けが出来ると思います。

近江鉄道の活性化はもっと簡単です。JR西日本の223系5500番台(相当: 時速130キロが出るノーマル仕様である必要があります)の2両編成を何本か県で購入し、近江鉄道にリースすればいろいろ楽しめるんとちゃうの?とずっと思っています。新快速の八日市への乗り入れとか、需要を掘り起こせるでしょう。

あと、他地域と比べると圧倒的に不毛な高速バスの路線網整備とか、手の付けようのあるところがたくさんあって担当者の方にはやりがいのある仕事だと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.25

【大阪】 交通科学博物館、2014年4月6日に営業終了 #jrwest

やはりそうなりましたか。

確か、京都に鉄道博物館が出来るという話が出た時は、残すということだったのですが、やはり経営的には難しいのでしょうね。

(MSN産経新聞サイトから↓)

さよなら交通博物館 JR西、来年4月に閉鎖
JR西日本は24日、交通科学博物館(大阪市港区)を平成26年4月に閉鎖すると発表した。28年春に京都市に新しい鉄道博物館を開設するのに合わせ、規模を縮小しての営業継続や廃止を検討していた。

JR西によると、引退した0系新幹線や、先端に牛よけが付いたアメリカンスタイルのSL「義経号」の実物など、主要な展示は京都の新博物館に移されることが決まっており、残った展示だけで営業を継続することはできないと判断した。…

(JR西日本プレスリリースから↓)

52年分の感謝と共に、交通科学博物館の営業を終了します
平成28年春、新鉄道博物館(仮称)で再会しましょう


当社は平成26年4月6日(日曜日)に交通科学博物館の営業を終了します。昭和37年1月に「交通科学館」として開設以来、皆さまの長年にわたるご愛顧に心から御礼申し上げます。
なお、平成28年春に京都・梅小路エリアで開設予定の新たな鉄道博物館には、交通科学博物館の収蔵資料などを移設展示いたしますので、ぜひご期待ください。…

私は物心付いた頃からここには何度も連れて行ってもらってました。ここの鉄道模型のジオラマが特に気に入っていたようで、親に連れて行けとねだっていた記憶があります。

今回の件は寂しい話ではありますが、JR西日本はこの手の事業から手を引くわけではなく、京都でより大きなことをやろうとしているのですから、前向きな経営判断としてこれからを見守って行きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2013.07.24

他の都道府県の方には分からないかも知れませんが #shiga

私も、滋賀県って暮らしやすいところだとは思います。ただし場所によりますが(苦笑)

(中日新聞サイトから↓)
「滋賀は住み心地良い」3年連続9割超

県は二十三日、県政世論調査の単純集計結果(速報値)を公表した。県の住み心地について、「とても良い」「良い」と答えた人の合計の割合は90・9%。昨年度より1・2%減ってはいるが、三年連続で九割を超えた。住み心地の良い理由は「豊かな自然環境」が49・7%で最も多く、「交通や買い物など普段の生活が便利」が48・3%で続いた。嘉田由紀子知事は「都会と田舎のバランスの良さが評価された」と分析した。  県内に住み続けたいかどうかを聞いた質問では、「住み続けたい」が78・1%(昨年度比1・3ポイント減)。県に力を入れてほしい施策では、九年連続で「在宅医療の推進や介護サービス、医療施設の整備」(26・9%)がトップだった。…

この県政世論調査には私は答えたことがありませんが、九年連続でという文言があることから、嘉田のおばちゃんが知事になられるより以前から存在していたことになりますね。九年前も、県に力を入れてほしい施策のトップは「在宅医療の推進や介護サービス、医療施設の整備」だったのに、当時の滋賀県はどうも違うことに注力しとったような気がします(苦笑)

今住んでいるところ(大津)の特性が大きいとは思いますが、私も知事が指摘された都会と田舎のバランスには概ね同意します。水不足の心配は他地域よりしなくて済みますし、歩いて映画やオペラなんかを観に行くことも出来ます(オペラには行ったことないけどw)。古代から近代まで、日本史に絡む場所がそこかしこにあるのもこれまた良いです。

電車は都会にはさすがに本数では負けますが車庫のおかげで始発~終電の時間帯は広く、それなりの頻度もありますしスピードが速いです。京都や新大阪で1回乗り換えれば、新幹線が使えます。道はあまり広くないですが、50年前から高速道路が通ってますし、状態の良いドライブルートも出来てきました。クルマなら、2時間で太平洋・日本海・瀬戸内海の3タイプの海に行けます。
高校野球では公立の普通科高校にも充分甲子園に行けるチャンスがありますし、選挙では予想外の結果を得たり、リコールが成立したりというスリル?を楽しむことも出来ます。

…そんなわけでw、何かと良いこと・面白いことが多い滋賀県ではありますが、不満ももちろんあります。身近の不満と言えば我が家周辺の徒歩圏にグルメ系スポットが不毛なことですが、不満というかどうしようもないリスクは、やはり若狭の原発群ということになりますね。ロクな安全対策も講じられず、子子孫孫に放射性廃棄物というツケを押し付けながら稼働する原発というのは、やはり動かすべきではないと思っていますが、これは県レベルでどうこうできる話ではないですからね…難しい問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣笠丼全国展開中…だそうです

千成餅食堂系の店では必ずあった衣笠丼。なか卯も手掛けるようになりましたか。

(京都新聞サイトから↓)

京の味「衣笠丼」全国区へ なか卯メニュー、女性ターゲットに

油揚げとネギを卵でとじた「衣笠丼」がご当地の京都を飛び出し、全国に広がっている。牛丼チェーン大手のなか卯(東京都)が26日をメドに全店舗で、女性向けの新商品として通常メニューに加える。京都市内を中心に親しまれてきた庶民の味が、全国区になる日も近そうだ。

衣笠丼は、金閣寺近くの衣笠山(北区)の伝説にちなむ。平安時代、宇多天皇が衣笠山に白い絹をかけ、雪山に見立てた景色を夏に楽しんだという言い伝えで、この時の様と卵でとじた状態が似ていることから名付けられたとされる。

京都市内では明治時代にはそば屋のメニューに並んでいた記録が残り、人気の丼物として定着している。…

もちろん、私は野郎ですから、親子丼やカツ丼の世話にはなってきましたが、この衣笠丼には…たぶん、まだ世話にはならないと思います。肉入ってませんからねwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.20

江若交通の本気? #shiga

少し遅い気がしないでもないですが、ついに我らが江若交通もその筋に手を出すことにしましたか。
単に親会社に便乗しただけなのかも知れませんが(苦笑)

(中日新聞サイトから↓)

「ちはやふる」の乗車券限定販売 江若交通
江若交通(大津市)は21日から、日本テレビ系列で放映している百人一首の競技かるたを題材にしたアニメ「ちはやふる2」の登場人物をあしらったバス乗車券を限定発売する。アニメには百人一首と縁の深い大津市も登場する。江若交通の担当者は「この乗車券でバスを利用してもらい、百人一首と大津の魅力を大勢の皆さんに知らせたい」と願う。

大津市内には百人一首の歌や歌人ゆかりの地が十五カ所あり、そのうち五カ所が江若交通のバス運行エリア内にある。…

せっかくなので、京阪バスに頼んでJR大津京駅あたりの路線を引き受けたり、近江神宮に行く路線を新設してみてはいかがでしょうか。

ついでに言うと、江若交通の本社がある大津市の堅田は、皆さんもよく知っているあの人物が青年期を過ごした地でもあります。観光客誘致に使えませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書感想文 【 ※ 個人の感想です 】

近所の旭屋書店で、なぜか平積みになっていたので買って読んでみました。Shinsho1

昨年7月。共同通信が配信したひとつの記事から、この案件が全国的に思いっきり注目されたのは皆さんもうご周知のことと思います。それに関して書かれた連載記事をつなげて、大幅加筆したというのがこの書籍。後世に残すためにも、それを書籍にすること自体は大切なこととは思いますが、記事を書くに当たって、本にするに当たって、そこに書かれた地域の人がそれを読むことについては、書いた人もそれを売る人も特に意識はしていなかったようですね。
私なんかは子どもの保護者としてこの事件にかかわることになってしまったので、誰と誰の話かはハナから知っているわけですが、いくら人物は仮名にしたと言っても、家の職業を書いたらアカンでしょう。仮名にした意味がありません。

この本を最初に開いたところにある「はじめに」には、こう書かれていました。


「それでも私たちは書き続けることでしか、次の悲劇を止めるすべをもたない」

かっこいい! 

でも、実際はどうでしょう。似たような事件が、全国で続々と起こり、あるいは起こっていたことが後から発覚しています。それが、現実です。たくさんの記者さんたちが、日本の津々浦々でいっぱい記事を書き続けているというのに、悲劇の連鎖は一向に止まっていません。マスコミの中の人たちは、どんな仕事してんだろう?、と思ってしまいます。

結局のところ、この本の中の文章を書いた方々は、確かにあちこち取材をして回っていたんやな、ということはよく分かりました。
ただ、書き方として、別に今始まったことではありませんが、どうも学校に問題がある、教師に問題がある、教育委員会に問題がある、という「結論ありき」で書かれています。"学年主任が面倒くさそうに"だの"正規雇用の中山(注: 仮名なのでそのまま書いてます)にくらべるとプロ意識は低かった"だのお前になんでそんなことが分かる?とツッコミたくなる文言があちこちに散りばめられていて、自動的にこの中学校に対する心象を余計に悪くする仕掛けになっています。
確かに中学校の先生たち、大津教育委員会の対応は決して褒められたものではありませんが、問題はそこだけではないでしょう。教員制度や教育委員会制度が抱える「仕組み」の問題。学校と、地域・行政そして警察との関わり方。この事件を通じて私が思ったのは、問題は自分(たち)だけで抱え込んでいてはどうにもならないな、一刻も早く地域や行政や警察と連携して動かないと、どうしようもないな、ということだったので、問題が起こった原因を先生方の行動に求めていくようなこの本の中の文の書き方は正直物足りなさを感じました。

というか、一番気に障ったのはマスコミにはこの事件について何か反省することはないんかい!ということですかね。大幅加筆して本にしたのなら、マスコミの観点から今回の件について何かしらの総括を書くべきだったのでは?と強く思いました。
尾木ママさんたちの第三者委員会の報告書では、ちゃんと自分たちの反省点も書いてはりますし、マスコミ取材の問題点についても指摘があるのに、この本にはそこが完全に抜け落ちていて、私は結局今回の事件も、この人たちにとっては単なる飯ネタのひとつでしかなかったのか、と思わざるを得ませんでした。自分たちの取材ぶりに、何も反省することはなかったのでしょうか。歩いていてマイクとカメラを突き付けられたり、勝手に後ろ姿の写真を新聞や雑誌に掲載されたり、家の電話番号を番組制作会社間で使いまわされた身にはちょっと腹正しささえ感じているところです。まぁ、これがジャーナリズム魂を失くした日本のマスコミの悲しい現実なのでしょうが。

本の最後には生徒アンケートの抜粋が載ってます。保護者たちより先に入手出来て、さぞかし嬉しかったことでしょうね。


私の中では、中学校からはほとんどの人が居なくなりましたが、この事件はまだ何も区切りは付いていません。
あの三人が、H君の遺影に手を合わせるその日が来て、初めて事態は少し進む、そう思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.14

そらそやろ、自前で造ると言ってるんやし

身勝手で無責任な沿線自治体対応には、ホント愛想が尽きてしまったのでしょう。
お気持ちは分かりますよ。

(京都新聞サイトから↓)

リニアの京都駅ルート否定 JR東海社長「国の計画通りに」
JR東海の山田佳臣社長は10日、京都府や京都市、地元経済界が求めているリニア中央新幹線の京都駅ルートについて、「全国新幹線鉄道整備法に基づいてやっていくと判断した。このルールで進めるしかない」と述べ、奈良市付近を通ると明示した国の整備計画通りに行う考えをあらためて示した。

大阪市内で開いた定例記者会見で話した。京都で誘致の動きが強まっていることに対しては「ああそうですか、ということしかない」と述べるにとどまった。…

JR東海はリニア新幹線を自前で造ると言うてはります
ということは、建前としてはコストもリスクも自分たちて引き受けるということです。最少のコスト、最小のリスクで済む選択肢を取るのは、資本主義社会の下ではごくごく自然な動きです。
リニア新幹線はまた、ルートの大部分が地下になるとも言われています。
下手に京都駅近辺の下を掘っていて、室町時代の遺構とか出てきたら京都市はどうしてくれるのでしょうか。
埋蔵文化財の調査って、一年とか平気でかかりますからね。JR東海もそれではたまらないでしょう。


というか、まさに鉄道界のロータリーエンジンという言葉が相応しい?、消費電力がシャレにならないリニアモーターカー。ホントにやるんですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.07.10

ダブルデッカーがきたー!!  #toyama

公式サイトの中のお知らせの題名がそんな感じですからw、そうとう喜んではるようですね。

本家の京阪電車では、社運を賭けて大切に改造され大事に使われてきた車両です。
うっかり踏切で事故ったり、土砂崩れとかで流されないよう、富山でも大事に使われることを願って止みません。

(富山地方鉄道サイトから↓) ※リンク先はPDFファイル

二階建て車両の導入について
…今般、観光列車の第2弾として沿線の立山連峰など富山の雄大な大自然を二階席からパノラマで楽しんでいただくことができる二階建て車両1両を導入することといたしました。
二階建て車両は全国的にも珍しく、地方の鉄道では初めての試みとなります。…

立山連峰をバックに走る小さな京阪特急。けっこう絵になるのかも。雪の日は休ませてくださいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2013.07.09

これはまさに陸のB787ですな

夏の観光シーズン前ですが、人命には替えられないと思います。
思い切って全部の特急列車の運行を何日か止めてでも、徹底的な点検整備を行ったほうが良いのではないかと。

(読売新聞サイトから↓)

特急北斗出火「重大インシデント」…安全委調査
北海道八雲町のJR函館線で6日、走行中の特急北斗14号のエンジン付近から出火したトラブルで、運輸安全委員会は事故につながる恐れがある「重大インシデント」と判断し、鉄道事故調査官2人を8日、現地に派遣した。…

これだけトラブルが続くということは、もうエンジンの設計から見直していくしかないのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »