« アスペクタ二題     #kumamoto | トップページ | 京都マラソンコース変更案 »

2013.10.27

流れるから「流れ橋」なんとちゃうの? #kyoto

ロケ地として知られる京都府八幡市の木津川に架かる上津屋橋。その名前は知らなくても、「流れ橋」と言えば思い出される方も多いことでしょう。
しかーし、最近あまりにも流れ過ぎだと一部の人々から顰蹙を買っている模様…

(京都新聞サイトから↓)

「流れ橋」流れすぎ? 多額の修復費に疑問も
 木津川に架かり、京都府八幡市と京都府久御山町を結ぶ「流れ橋」(上津屋橋)が、先月の台風18号による増水でまた流れた。1953年の架設以来、ちょうど20回目で、2011年からは3年連続の流出。4月末に約3500万円かけて修繕したが、わずか5カ月で通行不能となった。再復旧される見通しだが、今回も前回と同額の修繕費用が見込まれ「府民の税金を木津川に流しているようなものだ」と厳しい声も上がっている。

全長356・5メートルの流れ橋は日本最長級の木造橋で、時代劇のロケ地としても有名だ。…

毎年流れたとしても、普通に何十億円もかけて橋を造ったところで去る9月の特別警報級の大雨に見舞われたら、きっと"想定外の増水"で壊れ、また何億も何十億円も税金を投入して橋を修繕する羽目になるでしょう。仕様通りに壊れ、後で復旧しているのであれば、何ら問題はないと思うのですが。
昔の日本の情緒をしのばせる貴重な観光資源だけに、ただの交通インフラとして予算を充てるだけでなく、日本の歴史遺産、文化遺産としてその方面からも予算をぶん取って来て保全を図ってもらいたいものです。

税金の遣われ方としても、何だかよく分からないなんとか法人に巣食う天下り連中の給料にしたり、福祉の名の下に不正不当不適切な目的で予算を計上したりするよりは、よっぼど健全で適正です。

|

« アスペクタ二題     #kumamoto | トップページ | 京都マラソンコース変更案 »

まちの話題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/58463909

この記事へのトラックバック一覧です: 流れるから「流れ橋」なんとちゃうの? #kyoto:

« アスペクタ二題     #kumamoto | トップページ | 京都マラソンコース変更案 »