« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014.02.13

大津からバスが消える?

隣の京都市に比べると面積も人口も街の活力も全然足りない我らが滋賀県大津市ですが、南北の長さと最高地点の海抜と新快速停車駅の数については負けていないと思います。

・・・と意地を張っているのは本エントリーの主旨ではありません。
大津市に長年住んでいても、気づかない方は気づかないであろう街の深刻な危機のお話です
。昨日の京都新聞朝刊に記事が出ていました。

Otsu_bus_crisis01

かつて"大津からオリンピックに出たいなら比叡平に住め"言われ(誇張ですw)、最近は別の意味で脚光を浴びていたかも知れない比叡平と大津市内を結ぶ京阪バスの便数がここ数年かなり削減されていたことには気づいてました。
京都市内に行く路線はほぼ1本/1時間が維持されているのと比べると雲泥の差があると思います。記事の中は京阪バスからの廃止の申し出の話がありましたがさもありなん、というところですね。

比叡平は静かだし空気もいいし住むには大津市内でも屈指の良いところだと思いますが、交通手段がネックです。冬の積雪時はちょっと行き帰りが大変ですもんね。それに私の記憶では、比叡平につながる山中越え(大津市側)では、昔はよく崖から車が落ちる事故があったので、毎日自分の運転で山中越えを往復するというのは気が引けます。これから年を取ってくると、私だけでなく誰でもそういう気持ちになると思うのですが、バスの利用状況からすると今後ももっと厳しい状況になっていくことでしょう。

Otsu_bus_crisis02

前述したとおり南北に長い大津市ですが、山と湖という地形のおかげで幅はそんなに広くないところに、JRや京阪電車が通っていることから、バスでないと、という地域は実はそれほど広くありません。そういう地域は、案外道路網もしっかり整備されてきています。

ということで、大津市のバス路線はかなりの割合で赤字だそうですが、その原因の一はやはり鉄道との住み分けがはっきりしていないというところにあると思います。
鉄道網はしっかり本数もありますから、そういうところはもう任せてしまって、駅と海抜の高いところを中小型のバスで結ぶ路線を充実させていく方向に思い切って再編していくしかないと思います。当然、比叡平行きのバスも、もっと小型化するべきかと。大津市はもっと口出しすべきでしょう。

あと、その二の理由として滋賀のバス業界はどうも高速バスとか都市間バスへの参入が弱いと思います。湖西道路とか、新名神を使ったバス路線は設定のしがいがありそうですし、各社も実はそうしたいはずなのですが、何が邪魔しているんでしょうかね?
つまらないしがらみはとっ払って、バス会社にはもっとビジネスチャンスを認めてあげるのも、行政の義務ですよ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.02.08

隣の駅までワンコイン

これって、冷静に考えると、九州新幹線で賑わっているところは博多と鹿児島ぐらいしかない、っていうことなんでしょうね。
熊本は、そもそも駅の場所が街が外れていることもあってか、期待されてたほど賑わっていないというのが何度か利用しての感想です。再開発が進捗すると、変わっていくとは思いますが。

(毎日新聞サイトから↓)

九州新幹線:開業10周年記念 隣の駅までワンコイン
JR九州は、九州新幹線(新八代−鹿児島中央間)開業10周年を記念し、隣の駅までの1区間を500円で乗車できる割引切符「お隣ワンコインきっぷ」や、1万円で乗り放題の「フリーきっぷ」を15日に発売する。…

JR九州のプレスリリースはこちらで。何を祝っているのかが、微妙に違いますがここは見逃しておきましょう。

新鳥栖から久留米ならそのくらいすぐ出せるやろw、とナメてかかりましたがそうでもないようで…
と思いきや…

いずれも利用日は3月15日の1日限定で、対象は九州新幹線(博多−鹿児島中央間)自由席。販売期間は3月14日までの1カ月間。

えー、一日限定なら¥500はそら高いわ(苦笑) 一日限りの特価なら¥200でええんちゃう?と思いますよ。

しかしJR九州さんはいちおうこうして九州新幹線がお荷物化しないよう一生懸命なわけで、その努力自体は認めます。同様にJR東海やJR西日本も隣の駅まで自由席特急料金¥500にしてみたらどうなるんやろ、と考えてしまいました。私だったら、迷わず新快速に乗りますが(笑)。

だって新幹線は乗るまでがメンドクサイもん♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014.02.04

大幅削減ですか

SLがなかったら、廃線は間違いなかったでしょう。

(中日新聞サイトから↓)

大井川鉄道 電車の本数削減
蒸気機関車(SL)の運行で知られる大井川鉄道は三日、三月二十六日のダイヤ改正で、電車の運行本数を本線(金谷-千頭駅間)の上下線で現在の一日各十四本から、各八本と家山駅折り返し一本に削減する方針を明らかにした。島田市金谷東二の本社で記者会見した伊藤秀生社長は「不採算部門の電車事業を削減し、SLを中心とした観光鉄道収入を確保することで収益改善につなげたい」と述べた。
 井川線(千頭-井川駅間)も上下線で現行一日各四本と一部折り返しを、各三本と一部折り返しに減らす。通勤・通学客が集中する早朝、夕方の時間帯は便を確保し、影響を最小限に抑える考え。鉄道事業収入の九割を占めるSLは現行のまま据え置くとしている。…

確かに、SLが「鉄道事業収入の九割」を占めているなら、確かに普通の電車を動かさないで観光鉄道に徹していたほうが会社的には良いでしょうね。いっそのこと、架線もとっ払ってしまったほうがSL列車は風景に映えるでしょう。
日本の、どの地方でもそうですが地域人口が減少し、道路状況は良くなっている現状を思うと、ローカル鉄道の生きる道はかなり厳しくなっていると言わざるを得ません。古くて高いのではまったく話にならない以上、皆がびっくりして関心を持つ再生案が必要です。

ということで、大井川鉄道はもっと思い切ったことをしないといけないように思います。今年はきかんしゃトーマスを走らせるそうですが、トーマスに似合う多扉コンパートメント客車をイギリスの保存鉄道あたりから拝借するくらいしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »