« 大津からバスが消える? | トップページ | リニューアルなう »

2014.03.01

自己責任でなんとかしてくれ

数日前から世間を騒がせているビットコインの取引き所破たん騒動(※ビットコイン自体が破たんしたと某大臣が言われてましたが、違いますね)。

経済の仕組みにはどうも疎いままオッサンになってしまった私ですが、もともと国々の法律の縛りを受けないように発展してきたくせに、いざ都合が悪くなったら民事再生法の適用を受けるって、なんか虫が良くないですか?と思ってしまいました。

(読売新聞サイトから↓)

ビットコイン「いなくなった」社長深々と頭下げ
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の世界的な取引サイト運営会社「マウントゴックス社」が28日、破綻した。
直前の同社のレートでも114億円に相当する巨額の「カネ」が、ハッカーの攻撃であっという間に「盗み取られた」とするサイバー空間の強盗劇。コインを預けていた投資家は戸惑いを隠せず、法整備の必要性を訴える声も出ている。…

要はサイバー空間上で金庫破りに遭った、ということなのでしょう。会社の責任者(ずいぶん若い方なんでね)もちゃんと出てきてますから、あまり詐欺っぽい感じは受けません。

ただ、いくら彼らが被害者だと言っても、それは電気仕掛けのサイバー空間上でのお話。
現実世界のルールを適用して彼らと彼らを利用した人たちを救う、というのにはちょっと違和感を感じます。

通貨というものには誰もがそれを通貨と認める後ろ盾が必要です。一万円札は日本中どこに行っても一万円札。海外に行ってもそうです。ビットコインは印刷して保管は可能なそうですが、基本的には電気仕掛けのお金なのですから、その価値を分かっている方々で今回の問題を共有して決着を付けるのが筋でしょう。
現実世界からは記者会見の場所とか発表サイトを作るためのツールとストレージぐらいは出さないと報告ができないので必要でしょうが、税金で穴埋めなんてもってのほかですね。

そもそも、ネット上に存在できるビットコインの総額はコントロールされる仕様になっているそうですから、誰かが不正に獲得したところで一気に使ったら足が付きますよ(笑) 犯人たちは、これから慎重に行動しないと、あっさり捕まってしまうでしょう。

|

« 大津からバスが消える? | トップページ | リニューアルなう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/59218511

この記事へのトラックバック一覧です: 自己責任でなんとかしてくれ:

« 大津からバスが消える? | トップページ | リニューアルなう »