« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014.05.28

"寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運行終了について" #jrwest

お昼時、玄関先で、私の最寄駅で、外出先で見かけるこの列車も、来年の3月で見納めですか。
大阪発は未だに予約困難と聞きますが、明日からは俄然予約が難しくなるのでしょうね。

(JR西日本プレスリリースより↓)

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運行終了について
平成元年より運行を続けてきました寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪~札幌駅間)は、車両の老朽化により平成27年春の運転をもって運行を終了します。これに伴い、これまでのご愛顧に感謝の気持ちを込めまして、平成26年度下期は以下の日程により運転します。…

客車仕立ての夜行寝台特急と言いながら、我が最寄路線では上下列車ともお昼時に(客車列車としてですが)フルスピードで走ってくれて、鉄分の濃い方でなくても「いつかは乗りたいなぁ」と思わせてしまう列車なのですが、これからは走っているところだけでもしっかり目に焼き付けたり画像を残しておいたりしようと思います。
一番大事なのは安全ですが、これはJR西日本だけで実現できるものではないということでよろしくお願いします。

ただ、気になったのは理由。車両の老朽化を言っていますが、確かにそれは主要な理由ではあると思いますけど、関西から北海道に行くのに、列車が提供できる魅力は確かにかなり薄くなっていると思います。スピードといい、移動中のゆとりといい、新日本海フェリーで十分間に合ってます。ということで、ホントは北陸新幹線開通に伴う並行在来線の第三セクター化で、新会社に支払う線路使用料とか運行コストがかさむのに音を上げたんでしょ?と疑っています。
それにJR東日本もあけぼのを廃止して、日本海側から夜行列車用の体制をなくしたかったでしょうし。(※個人の勝手な推測です) 

ただ、新しいクルーズ列車の完成予想図はその塗色からして思いっきりトワイライトエクスプレスを意識していると思うので(名前もちゃっかりトワイライトエクスプレスⅡとか付けられるのではないかとw)、その魂はJR西日本には引き続き残ってくれるのでしょう。そう思うことにしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ホワイトカラー・エグゼンプションふたたび

前の安倍内閣の時に出てきていたこのホワイトカラー・エグゼンプション(通称、残業代ゼロ)の件。民主党政権の発足時に一瞬止まった米国への売国プロセスが再び加速を始めた模様。
今度はマスコミもこぞって提灯持ちです。条件がいろいろ言われていますが、あっという間になし崩しにされてしまうと思っていたほうが気分的にはむしろ楽です(笑)

(中日新聞サイトから↓)

残業代ゼロ、高収入専門職に提案 厚労省案
働き方を自己裁量とする代わりに、労働時間規制が適用されず残業代が支払われない「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関する厚生労働省案と政府の産業競争力会議の民間議員案の全容が27日、判明した。厚労省は「成果で評価できる世界レベルの高度専門職」に限って適用すべきだと主張。高収入の専門職を想定していると見られる。
 一方、競争力会議の民間議員は管理職候補の層を対象とするよう要求し、年収要件は盛り込まなかった。…

(京都新聞サイトから↓)

「残業代ゼロ」導入へ
首相、見直しで3条件

 安倍晋三首相は28日、政府の産業競争力会議で、残業代支払いなどの労働時間規制を適用除外する「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関し「成果で評価される自由な働き方にふさわしい新たな選択肢を示す必要がある」と述べ、現行の労働時間制度の見直しを指示した。田村憲久厚労相は導入受け入れの方針を表明し、…

日本人は世界で一番人件費が高く付く民族であることは百も承知ですが、とは言っても経営側が人件費をケチりたいがためのホワイトカラー・エグゼンプションなんて、今の日本には百害あって一利なし。会社に入ったら誰でも管理職候補のはずですから、実質的に全員に適用すると言っているようなもんです。
ほくそ笑むのはヘイゾーたち派遣業界ぐらいでしょう。こういうヤツが日本にのさばって、お上をいいように使い、皆でコツコツと働いて蓄えてきた富と技術を海外に流出させる仕組みを実装させたのには本当に腹が立つ今日この頃です。


いろいろ条件がどうとかこうとか言われているようですが、連中にかかればそんなのは2秒で吹っ飛びます(笑)
ヤツら我々の骨までしゃぶる気ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.23

ホグワーツ快速?w #jrwest

こんなのは私は全然評価しません(--;) 普通やんw

(msn産経ニュースから↓)

新大阪からハリ・ポタ「ホグワーツ特急」 USJに直結 JR西が夏に運行
米映画テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)に米映画「ハリー・ポッター」の世界を再現したエリアが7月15日に誕生するのに合わせ、JR西日本は23日、新大阪駅からUSJの玄関口、ユニバーサルシティ駅まで直結する臨時快速列車を運行すると明らかにした。

JR西の担当者は「(ハリー・ポッターに登場する)『ホグワーツ特急』のようにノンストップで参ります」と話している。…

JR西日本のプレスリリースを読むと、単に臨時で設定する新幹線に接続するための電車のように取りました。


環状線と桜島線を走っているハリーボッターのラッピング電車を回してくるだけでしょ? 
走る線路の途中、新大阪と西九条の間にはホームがないので、必然的に快速っぽくなりますわな。ということでこの話は私的には全然面白くありません。せめて梅小路からSL持ってきてよ、と言いたいです。
貨物線が環状線に合流する手前の上りこう配とか、福島駅の下の踏切とか、西九条駅とか、快速運転の邪魔になりそうな要素もけっこう豊富です(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014.05.21

愛称が気になる

とりあえず試運転で来られると思うので、ちゃんと日程は教えといてください(笑)

(JR西日本公式サイトから↓)

新たな寝台列車の導入について
JR西日本では、中期経営計画2017において地域共生企業となることを掲げ、地域と一体となった観光振興の推進を目指しています。
この取り組みのひとつとして、新たな寝台列車の導入を予定していますが、その概要についてお知らせいたします。…

先頭車両にはオープン展望スペースが出来るということなのでしょうか。だとすればそれは画期的かも。
あと最高時速は130キロ出るようにするのかも、ちょっと気になったりしますで(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

独立していた司法権

司法権の独立と言えば大津事件やろ、と思っていた私には、ちょっと意外でした。
ちゃんと職務をまっとうされている方もいらっしゃるようです。

(福井新聞サイトから↓)

大飯原発の運転差し止め命じる 福井地裁が判決
安全性が保証されないまま関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させたとして、福井県などの住民189人が関電に運転差し止めを求めた訴訟の判決言い渡しが21日、福井地裁であり、樋口英明裁判長は関電側に運転差し止めを命じた。…

大飯原発差し止め訴訟の判決要旨 危険性が万が一でもあれば

関西電力大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた21日の福井地裁の判決要旨は次の通り。

 【主文】

 大飯原発3、4号機を運転してはならない。…


差し止め云々はともかく、今回の場合は判決理由がある意味画期的だったと思います。

関電はどうせ控訴するでしょうが、今回の判決の何がどういけないのか、真向勝負をお願いします。
残念ながら次の大阪高裁は、原子力規制委員会の判断を待たないと判決がくだせないというヘタレ裁判所ですから、控訴審の結果については私はいささか悲観的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.10

河原町

私がガキだった頃、四条通りや河原町通りに出かけていく、というのはちょっとした楽しみであり、冒険でもありました。高島屋や大丸の屋上には遊園地っぽい子供向けのアトラクションやゲーム機が置いてあって、よく連れて行ってもらったっけ。
シネコンというものがなかった時代、映画を観に行くところでもありました。滋賀には映画館などなかったし(苦笑)

(京都新聞サイトから↓)

京都・河原町、消える“看板店” 老舗閉店相次ぐ
京都市を代表する繁華街の河原町通(三条-四条間)で営業を続けてきた“看板店”の閉店が相次いでいる。明治6(1873)年開業の文具店「壺中堂(こちゅうどう)」(中京区)が3月末、約140年の歴史に幕を閉じた。戦前の1937年にできた中華料理店「ハマムラ河原町店」(同)も先月26日に店じまいした。服飾店や書店、洋食店といった顔ぶれが個性を競い合った、かつての河原町の面影を取り戻そうと、商店街の模索が始まろうとしている。…

観光地としての京都、という視点では、河原町界隈はまだ京都随一の繁華街なのでしょうが、ライフスタイルや交通網の変容ぶりは確実に河原町のステータスを相対的に下げていると思います。その中でも一番大きな力になっているのはJR西日本ではないかと。奈良線や山陰線の輸送力が見違えるほど強化され、京都駅のリニューアルで駅ビルに伊勢丹が入店し、ビックカメラやヨドバシカメラが周辺に進出。そしてまさかのイオンモール出店に、水族館(苦笑) 京都駅はいつの間にか高速パスの一大ターミナルにもなっています。

そして滋賀県民はそんな京都をスルーして新快速で大阪までサクっと行ってしまうとなると、河原町あたりをわざわざ選んで行く理由がないんですよねー。現に我が家がそうですから。
大丸の向かいに東急ハンズが出来ますが、大阪駅に既に大きいのがある以上、どうだか。店も街も住人の皆さんもそうとう濃いアイデンティティを打ち出さないと、衰退傾向には歯止めはかからないと思われます。
京都の伝統というのは、常に守られて来たのではなく作られて現在まで来たという観点をどうかお忘れなく。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.03

0・6%減

さすがの我が県も、人口減少モードに舵が切られるのでしょうか。

(京都新聞サイトから↓)

滋賀県の子ども人口、0・6%減 0~14歳
滋賀県は、5日のこどもの日に合わせて0~14歳の年少人口を推計した。4月1日時点で20万8271人で、昨年同月に比べ0・6%の減少となった。

県の総人口(141万4917人)に占める年少者の割合は14・7%。男子が10万7090人、女子が10万1181人で、全ての年齢で男子の人数が女子を上回っている。…(中略)… 総務省の昨年10月時点の統計では、都道府県別の年少人口の割合は最も高い沖縄県の17・6%に続き、滋賀県が2番目の14・8%と高い水準にある。

ついでに言うと、大学生の人口比は、滋賀県は都道府県別では全国3位です(1位京都府、2位東京都)。

比率的には、滋賀県というのは若い衆の比率が全国トップクラスで高いということは、知事選の前に押さえておくべきポイントだと思っております。もちろん、その比率には地域的なバラつきがあることもね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »