« 広島地区の皆さまお待たせしました! | トップページ | 実は○なんでしょ? »

2014.06.27

新幹線新駅構想再び

かつてあった湖東新駅構想、8年前に盛り上がったいわゆる「南びわ湖駅騒動」に続き、来月の知事選を前にまたもや東海道新幹線に駅を作る話がよみがえってきました。あれってもう8年前のお話なんですね(遠い目)

今度は現在建設中の駅があってそれをどうこうしたいということではなく、これからどうしようか、というレベルでの案件です。前々回の知事選では、「推進」「中止」に加えて当時は泡沫候補扱いだった嘉田現知事が打ち出した「凍結」という選択肢が選挙前に争点として提示され、その結果は皆さんご存知の通り。

(京都新聞サイトから↓)

利用者1日1400人 新幹線新駅設置、滋賀・東近江市が試算
滋賀県東近江市は24日、同市五個荘地区に東海道新幹線の新駅を設置した場合の経済波及効果などを試算した調査内容を公表した。利用者数は1日約1400人を見込み、周辺の新幹線利用者数は1日110人の微増と推計。近くを通る近江鉄道の本数増大や駐車場整備などアクセス面で課題があるとしている。…

想定されている場所は五個荘ということで、また新しい場所です。これまで出てきたケースの中では一番米原に近いですね。近江鉄道と接続を取ることが考えられているのかな?

昔も書きましたが、南びわ湖駅の場合はあまりにもズサンな計画と段取りに県民が怒ったからあの結果になったわけであって、様々なデータをもとにこれからどうしていこうかと皆で議論することまで否定はされてません。凍結と中止では意味がまったく違います。ということでこれからは新しい知事の下で゛この案件は結果は分かりませんが進められていくことでしょう。

ただ一番の問題はやはり「金目」(笑)でしょう。リニアにかまけているJR東海には東海道新幹線に自分から駅を作る気なんてさらさらないでしょうし、滋賀県にも財政的な余裕があるというわけではありません。
北陸新幹線を米原経由で接続させてその時にセットで考えるのが一番リスクは少なそうに思えますが、そもそも滋賀県は嘉田知事就任前から北陸新幹線建設促進期成同盟会に加盟していないくらいのポジションでしたから、どうだか(笑)

|

« 広島地区の皆さまお待たせしました! | トップページ | 実は○なんでしょ? »

まちの話題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

鉄ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/59884449

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線新駅構想再び:

« 広島地区の皆さまお待たせしました! | トップページ | 実は○なんでしょ? »