« JR北海道ダイヤ改正 | トップページ | The Game is over. #shiga »

2014.08.31

景観条例完全施行 #kyoto

いったい、京都らしいという言葉は、いったい何を以てそう言うのでしょうか。京都市右京区生まれの私にもよく分かりません。

(MSN産経新聞サイトから↓)

京都の景観守るため…厳格な屋外広告条例が9月1日完全施行、違反なお1万件 「看板は目立たんと意味ない」 撤去自腹に不満も
古都の歴史的景観を守るため、全国でも異例の厳格な規制を盛り込んだ京都市の改正屋外広告物条例が7年の猶予期間を終え、9月1日から完全施行される。市中心部では、京都らしい看板や外観に改修する店舗が相次ぎ、街の景観は大きく変わったが、看板の撤去費用を負担する事業者からは反発の声も上がる。違反状態の物件は、今も約1万件に上るとみられている。

京都市の繁華街・四条河原町では、北西角に掲げられていた「阪急電鉄」の大型看板がなくなり、周辺はすっきりとした看板が目立つ。…

(京都新聞サイトから↓)

京の景観にマッチ 看板のお手本、ネットで紹介
京都市はこのほど、京都の歴史的な町並みに調和した看板など屋外広告物を紹介するホームページ「京都かんばんねっと」を開設した。

看板の色や大きさの規制に取り組む市が、景観に配慮した看板をアピールし、普及につなげるのが狙い。…

京都の景観条例は、たぶん全国一厳しいんでないでしょうかね。企業の看板も、その企業の持つコーポレートカラーをベースにした広告は、白でなければ悉く却下されてしまう勢いですもんね。そのわりには、王将はどうなんだという気もしますがw

ものごとに一定のルールがあることは非常に意義のあることだと私も思います。
ただ、京都検定のケースでもそうだったのですが、ごくごく一握りの人間が集まって、自分たちの主観で決めた「基準」が公的なものとして歩き始めるのはどうよ、とも思います。京都だけでなく、街の景観のルールって、本来はそこに住まう方々、通う方々、訪れる方々が共有する価値観をベースにして成り立つべきものだと思うのです。

|

« JR北海道ダイヤ改正 | トップページ | The Game is over. #shiga »

暮らし」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/60236123

この記事へのトラックバック一覧です: 景観条例完全施行 #kyoto:

« JR北海道ダイヤ改正 | トップページ | The Game is over. #shiga »