« マスコミはみんな同じ | トップページ | 復活 »

2014.09.12

中止

最初に発注した3両はもう神戸でほぼ完成しているんだとか。

(北海道新聞サイトから↓)

新型特急の開発中止 JR北海道、安全と新幹線優先
JR北海道の島田修社長は10日の定例記者会見で、スピードアップを目指し2006年から進めてきた新型特急車両の開発を中止すると発表した。鉄路の安全向上と1年半後に迫る北海道新幹線の開業に集中投資する経営方針に照らし、在来線に今以上に高性能な車両は必要ないと判断した。…

JR北海道のプレスリリースはこちら

なんか、プリウスをディーゼル特急にしたような感じの、新機軸てんこ盛りの車両ですね。

鉄道の安全というのは、列車の車両だけでなく線路やら信号システムやらそれにかかわる人の教育やらたくさんの要素が組み合わさって形成されるものですから、現在のJR北海道のようなハインリッヒの法則絶賛発動中のようなところには、ちょっと立ち止まってみるというのは致し方ない選択なのかも知れません。もったいないのはもったいないのですが。

というか、JR北海道はスピードとか効率とかちょっと追いかけ過ぎていたのかも知れません。北海道+四国+山口県に匹敵する(以上?)面積のわりには人口はずっと少ないですから、他の手段との競争も激化しているのでしょうが、自分たちの企業としての体力をちょっと軽く考えすぎていたのかも。
車両のシステムの共通化とか、いったい何を言い出してるんだとか思ってしまいました。他のJRではそんなの既に常識なのでは?

あと、やみくもにスピードを負うばかりでなく、九州のななつ星のような、それ自体が魅力であり価値である列車を作ったほうが良いように思います。そういう意味では、SLを止めるなんて愚の骨頂。

|

« マスコミはみんな同じ | トップページ | 復活 »

ニュース」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

鉄ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/60301250

この記事へのトラックバック一覧です: 中止:

» 【JR北海道】新型特急気動車「285系」の開発を中止を発表。今月末落成予定の試作車3両は検測車両としての使用を含めて検討 [阪和線の沿線から]
JR北海道では、相次ぐ列車火災や脱線事故から、安全対策を中心とした施策の転換を実施しており、既に数度に渡るダイヤ改正による特急列車・快速エアポート等のスピードダウンなど ... [続きを読む]

受信: 2014.09.13 13:59

» JR北海道、新型特急車両285系、DMVの開発を中止 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 広くて人口の希薄な北海道では、特急の高速化は必須です。そこでJR北海道は、従来 [続きを読む]

受信: 2014.09.15 21:55

» JR北海道、新型特急車両285系、DMVの開発を中止 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 広くて人口の希薄な北海道では、特急の高速化は必須です。そこでJR北海道は、従来 [続きを読む]

受信: 2014.09.15 21:56

« マスコミはみんな同じ | トップページ | 復活 »