« 長野県北部で地震 | トップページ | 甦る?ビエリ守山 #shiga »

2014.11.29

紙は残しとけよ #otsu

こういう話は、一般的には「進んでいる事例」なんでしょうが…

(京都新聞サイトから↓)

大津市会にタブレット端末 ペーパーレスで議論スムーズ?
大津市議会は28日開会した11月通常会議から、タブレット端末を導入した。県内の市町議会でタブレット端末を導入するのは初めて。同市議会は年間約50万ページ分の紙を資料などで使っているが、1年後をめどに廃止する予定。

 タブレット端末では、既存の情報共有システムを利用。議会資料の保存やスケジュールの共有ができ、通信機能を使って連絡事項をメールで送受信することもできる。また、一般質問の際などに説明資料を議場内の大型スクリーンや各タブレット端末に表示することもできる。災害時には情報収集や緊急連絡なども行える。…

一見、良いことだらけに見えるIT化ですが、ITにはITのリスクなりデメリットがあることを忘れてはいけません。
情報の漏えいや改ざん、データの欠落や消失。メディアやメモリー、ハードディスクだって火事に遭えば燃えますし、サイバー攻撃による議事進行妨害があるかも知れません。しょせんは人が構成して使うものですから、いろいろな問題が起こることでしょう。
個人的にはIT化による扱うテキストや画像・動画のフォーマットや、文字コードの体系がいつまでサポートされるのかも気になります(笑) 紙なら1000年経っても保管されていて、しかも解読できる実績なら豊富にある大津市ですが、.txtとか.mp3とか.docとか..pdfファイルなどが100年200年先に読めるかという実績は世界のどこにもまだありませんぜ旦那(汗) 

紙のムダ遣いは当然いけないことなのですが、大事な情報は紙でも保管するというのが子々孫々への責務だと思います。

|

« 長野県北部で地震 | トップページ | 甦る?ビエリ守山 #shiga »

まちの話題」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/60731186

この記事へのトラックバック一覧です: 紙は残しとけよ #otsu:

« 長野県北部で地震 | トップページ | 甦る?ビエリ守山 #shiga »