« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.23

は、早いな(^^;  #jrwest

惜しまれつつ札幌行きは廃止となったトワイライトエクスプレスの件ですが、思いのほか早い再登板ですね。

(京都新聞サイトから↓)

トワイライト、5月再登場 瑞風デビューへつなぎ役

「瑞風」デビューまでつなぎ役をします―。JR西日本は23日、ファンに惜しまれつつ13日に引退した豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」を、団体専用臨時列車として5月中旬から運行させると発表した。JR西は「トワイライトの遺伝子を受け継いでいく。とりあえず1年間ほど走らせ、今後のニーズを測りたい」としている。…

札幌行きではなくて西のほうに行く場合、琵琶湖を一周してから行くケースが多いようです。
あれは単なる時間稼ぎなのかも知れませんが、湖西線の景色、湖西線からの眺めの良さが全国区になっていくのは沿線民として誠に喜ばしいので、明るいうちから走らせてほしいと思います。

せっかくの機会なので、滋賀県のどこか --- 例えば、近江八幡でも彦根でも長浜にでも --- 逗留して我が湖国をたっぷり観光していただきたいところなのですが、滋賀県内にはトワイライトを逗留させておくようなところがあまりありませんね --- 野洲か米原の車庫ぐらいしか思いつかない(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015.03.16

大阪環状線各駅ごと発車メロディ決定 #jrwest

各駅ごとに個性あるメロディがアサインされたのは、やはり大阪の街はホントに個性とバラエティが豊かなんやな、としみじみ思いました。
1つの路線の、各駅ごとに全部違うんですからね~

(JR西日本公式サイトから↓)

『大阪環状線改造プロジェクト』進行中 大阪環状線発車メロディ全駅曲目決定!
3月22日(日曜日)環状運転開始記念日に、全駅が音の環でつながります♪


R西日本グループでは、昨年度『大阪環状線改造プロジェクト』をスタートし、その一環として、ドアが閉まるタイミングをよりわかりやすくお知らせするために、発車メロディの導入を進めています。
 メロディ導入にあたっては、お客様や地域の皆様に大阪環状線やその沿線のまちに愛着を感じていただけるよう、「その駅(まち)らしさ」「大阪環状線らしさ」「大阪らしさ」をテーマに駅ごとに異なる発車メロディを採用することといたしました。…

◆詳細情報PDFはこちら

私は、なかなか考えられているな~と思います。各駅の地元の方も納得の内容でしょう。

で、JR西日本としては、大阪城公園の発車メロディがオチなんでしょうか?
そもそもそれってメロディなんかいな、とも思いますが(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.14

北陸新幹線が北東のほうから延びてきて金沢まで来たわけですが

これからだんだんハードルが上がっていく、ってことなんでしょうかね。

(京都新聞サイトから↓)

宙に浮く「敦賀以西」延伸ルート 開業の北陸新幹線
14日に長野-金沢間が延伸開業する北陸新幹線は、金沢-敦賀(福井県)間の開業前倒しも決まっているが、敦賀以西のルート問題が宙に浮いている。京都府や滋賀県、京都市が参加する関西広域連合は米原駅(滋賀県米原市)で東海道新幹線に合流する「米原ルート」を国に提案しているが、1年以上経過した現在も反応はなく、敦賀以西の整備はめども立っていない。京滋の自治体からは焦りの声も聞かれる。…

一番建設コストが少なくて、なおかつ沿線の負担が京阪神圏と名古屋圏に分散できる米原ルートがベストでしょ♪

国からのレスポンスがないのは、私の勘ぐりですが原発との絡みではないかと。
我らがクレセント知事が万が一原子力村の軍門に降ったら、あら不思議なんとかかんとか交付金なるものが出てきて建設が始まったりするのでは?
現に福井県は原発マネーを当てにすると宣言してはりますもんね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2015.03.03

活用しましょう #jrwest

サクっとなくしたり捨て去ったりすることは、それ自体は簡単なことです。
ただし、今まで積み重ねられてきた経験とかノウハウといったものはリカバリーがききません。いったん失ってしまうと、取り返しがつきません。
なので、↓のような話は非常に大事だと思います。

(産経新聞サイトから↓)

「トワイライト」列車廃止後も客車は存続へ 〝ランチクルーズトレイン〟など団体臨時列車として活用検討 JR西
12日に大阪駅と札幌駅をそれぞれ出発する列車を最後に姿を消す豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪-札幌)の専用客車について、JR西日本が列車廃止後も団体専用臨時列車(団臨)として活用する方向で検討していることが3日、関係者への取材で分かった。スイートルームやサロンカー、食堂車を備えた専用客車の去就が注目されていた。大阪と札幌を結ぶ寝台列車は四半世紀の歴史に幕を閉じるが、深緑に黄色の帯が入った専用客車は今後、活躍の舞台をJR西管内の路線に移す。

関係者によると、トワイライトエクスプレスの廃止後も、専用客車は、食堂車でフランス料理が楽しめる「ランチクルーズトレイン」など団臨として活用する方向で検討している。…

JR西日本管内に限らなくとも、旅行会社に編成ごと貸し出せば、その旅行会社さんが第三セクターさんや沿線自治体等と話を付けてくれて走行範囲をより広げられるのではないでしょうか。

我らがクレセント知事も、是非この話に乗ってきてもらいたいものですね~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »