« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.21

確かに前途多難w

今まで大人しくしていた方々も口を差しはさみはじめた北陸新幹線延伸の件

お金の問題さえ決着すれば、敦賀から米原方向と湖西線と小浜方向にルートを3分岐させれば皆黙ることでしょう(笑)

(京都新聞サイトから↓)

小浜ルート前途多難 北陸新幹線延伸で京都・亀岡市誘致
東京-金沢間を結ぶ北陸新幹線が開業し、2023年春に敦賀までの前倒し開業も決まった。敦賀以西のルートについて、京都府亀岡市は、福井県小浜市から亀岡を通り新大阪駅に至るルートを国へ求めてきた。一方で、府を含めた関西広域連合は米原ルートを提案しているため、実現への道のりは多難だ。

■建設費高額、利点強調するが…

 「小浜ルートこそが国が唯一決定したものだ」。3月の亀岡市議会本会議で、栗山正隆市長は力を込めた。「府と連携して誘致に力を入れる」と続けた言葉が、この問題に関する市と府の距離を逆に浮かび上がらせた。

 1973年に閣議決定された北陸新幹線の整備計画では、小浜市付近を通って大阪までつなげることになっている。しかし、敦賀以西の具体的なルートについて現時点でめどはたっていない。…

誰が何と言おうと、閣議決定という錦の御旗を持っているのが小浜ルートの強みではあります。滋賀県が「北陸新幹線建設促進同盟会」のメンバー都府県に入っていないのはこのためなのでしょう。
ただし、それは今やただの色あせた御旗(苦笑)
一番のネックは、昔書きましたが費用分担のやり方です。今の法的枠組みでは、これから北陸新幹線が延びてくる地方では、明らかにコスト>メリットになりますし、そもそも延伸ルート沿いのどこの自治体もこれからは人口も減ってくるという予測のもとでは新幹線の建設費なんて自分たちの財布からは到底出せようがありません。どうすれば良いんでしょうね?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2015.04.16

ムチャやわ

原発の再稼働? 

そーいうことは、子子孫孫の代にツケを押し付けずに済むメドが立ってから、考えてください。

(京都新聞サイトから↓)

高浜原発の11月再稼働「困難」 関電会長、仮処分で認識
福井地裁が高浜原発3、4号機(福井県)の再稼働を認めない仮処分を決定したことについて、関西電力の森詳介会長は15日、「早期に再稼働したいが、その可能性が低くなった」と述べ、想定していた11月の再稼働が難しくなったとの認識を示した。

関電は電気料金の値上げを4月から企業などの大口向けで実施し、家庭向けも現在、国の審査を受けている。2015年3月期の連結決算で4年連続の赤字となる見通しで、値上げと原発再稼働による黒字転換を目指している。…

福島第一原発での事故の徹底究明と再発防止策の策定、原発敷地内だけでなく周辺地域で発生する巨大地震(*)への対応、放射性廃棄物を即時に無害化する技術の開発と実装、敷地内や周辺地域そしてウラン輸入経路上でのテロ対策… 私が思いつくだけでも潰さないと行けない課題はこのくらいは思い浮かびます。長周期地震動なんて、若狭の原発群が造られた頃は誰も考えてなかった概念ですよね。
出入り業者がトラブル起こした時には鬼のように責任を追及し対策を求める電力会社さんなら、このくらい出来て当然ですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.09

高島市新市庁舎物語

広域合併した後は、ぜったいこういう話が出てきますね~ 

(京都新聞サイトから↓)

滋賀・今津町で批判相次ぐ 高島市本庁舎住民投票の説明会
滋賀県高島市の市役所本庁舎の位置を問う住民投票(12日投開票)に向けた説明会が8、9両日、市内6会場で開かれた。今津町の会場には多数の町民が詰めかけ、市が計画する新旭庁舎の増改築案や住民投票実施への批判が相次いだ。一方で、出席者や質問も少ない会場もあり、地域によって市民の関心度に差がある現状が浮き彫りになった。…

口ごもる県議選候補 滋賀・高島市の本庁舎住民投票 滋賀県高島市役所本庁舎の位置を問う住民投票と同時実施となった滋賀県議選の高島市選挙区で、各候補が本庁舎問題への言及に慎重な姿勢をとっている。市が主張する新旭庁舎の増改築か、合併協定通りに今津町で新築するのかをめぐり、多様な考えを持つ支持者に配慮して持論を明言しなかったり、「そもそも県議選の課題ではない」として演説などで一切触れなかったりと、思惑はさまざまだ。…

ちなみに京都新聞さんも高島の拠点は今津に置いてますね?

さあ、どうするんでしょう? 若狭の原発群のこと考えてたら、内輪もめしている場合ではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »