« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015.07.30

若狭ルートねぇ…

例の北陸新幹線の件で、個人的に興味を引く記事を見つけましたのでhappy01

(中日新聞サイト(福井)から↓)

県が推す「若狭」一長一短 北陸新幹線敦賀以西ルート
北陸新幹線敦賀以西ルート問題をめぐり、与党検討委員会(委員長・高木毅衆院議員)の初会合が近く開かれる。ルートには国の整備計画で定められ、県が推す「若狭」、「米原」と「湖西」が候補に挙がる。いずれも所要時間や建設費などの面で一長一短がある。県は関西方面への働き掛けを強めて若狭ルートの実現を目指すが、決定までの道のりは平たんではない。…

"関西方面への働きかけ"って、福井県は中京圏が眼中にないんかいな(笑)

原発マネーを使って、若狭ルートというのが福井県の政治家さんたちの思い描いていた夢なんでしょうが、そろそろもう少し冷静かつ現実的に物事を考えてもらいたいものです。費用対効果の観点で行けばどう考えても米原ルートでなおかつ東海道新幹線に乗り入れでしょう。若狭ルートの場合は採算的には重くなります。
スピードが速くなっても、人の高齢化が進んでいるのですから、大人の事情wで乗り換えの回数を増やすのはサービスレベルの低下です。
過密ダイヤが問題視されてますが、駅で接続しようとするからそういう発想にしか行かないのです。TGVの線路は高速道路のインターチェンジみたいなつなぎ方してますよ。

滋賀県内の東海道新幹線は速度試験ができるくらい直線が続いているのですから、東近江市から近江八幡市あたりで10キロくらい複々線区間を作って、間に新駅を造ってやれば良いんやないの?と思いますけどね。あの南びわ湖駅よりは圧倒的に造る価値があるというものです。

(2015/8/6追記)
ここに来て、いろいろ興味深い動きが出てきましたね。なんでやろw
(京都新聞サイトから↓)

敦賀以西ルートの協議開始、議論曲折も 北陸新幹線で与党検討委
北陸新幹線敦賀以西ルートの与党検討委員会の初会合が6日、東京都内で開かれた。小浜、湖西、米原の3ルート案があるが、誘致には地域の思惑が絡む。すでに水面下で福井県や京都府、滋賀県選出議員らによる綱引きが始まっており、議論は曲折が予想される。…

北陸新幹線米原ルート「ビジョン示せ」 滋賀県首長会議 滋賀県知事と県内市町長が県の政策課題を議論する県首長会議が4日、大津市打出浜の市勤労福祉センターで開かれた。北陸新幹線の敦賀以西の経路について、市町長からは「米原ルート」の実現へ県がリーダーシップを取るべきとの声とともに、同ルートに並行するJR在来線が利用者の利便性低下につながらないよう求める意見が出た。…


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.07.18

さて、どうしましょうか

Jatic_201507180510

各位おはようございます(^^)/


Jrwest_201507180510


高松は雨も上がりました。ので、滋賀の家に帰るのは仕事もあったのでもともと今からの予定だったのですが、京阪神圏はJRと高速道路がこんな状況。なんと満員の新快速電車のオーバーナイトも発生したとか。巻き込まれた方お疲れさまでした…

この色の付き具合は確かに酷いですが、特別警報が出て京阪京津線が2週間不通になったことを経験した私としては、まだその時よりはマシです。
先週ジャガイモを収穫しておいて良かった…と思いつつ、今日の予定を考えることにします。
土日だけならもう帰らないところですが、せっかくの連休ですから、こういう状況も「楽しまない」とやってられません。

それでは皆さま、連休中もどうかご安全に(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.16

Oh, Yeah!

って言うしかないな ┐(´-`)┌

20150716_typ11


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.13

琵琶湖若狭湾快速鉄道建設促進期成同盟会総会開催 #fukui #shiga

ここもずーっと昔から構想だけは生き続けていますね。

(中日新聞サイトから↓)

快速鉄道実現へ滋賀側と連携を 嶺南6市町の建設促進期成同盟会

若狭町と滋賀県高島市を結ぶ琵琶湖若狭湾快速鉄道の早期実現を目指す嶺南六市町による建設促進期成同盟会の総会が十一日、若狭町上中庁舎で開かれた。約百五十人が出席し、高島市と一層連携していくことを確認した。…

ここは個人的には作っても良いんじゃないかな、と思うルートです。
高島市から若狭に抜けるR303は京阪神からの最短ルートを構成する国道で日常的に交通量もありますし、西日本ジェイアールバスの一般路線が未だ健在なくらい人の動きもあります。我が家から下道で2時間走れば日本海が見えるのもこのルートのおかげ。
距離的にもそんなに長くないし、中央分水嶺を越えますが山の高さもそんなに高くありません。長い目で見れば単線電化で充分採算は取れると思うんですけどね~


※まさかの原発マネー投入という荒技という可能性も考えられなくはないです。
避難ルートとしての活用を図る、とか理由が付けられますからね~ここは

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »