« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015.12.31

謹賀新年

2016nenga_blog_2

皆さま新年明けましておめでとうございます。
高松異動の辞令が出て本日でまる一年、なんとか持っております(苦笑)

今年も引き続き淡水と海水のふたつの海を行き来する予定。家族や関係各位の理解と協力をいただきつつ、心身の健康に留意しつつやっていこうと思いますのでどうかよろしくお願いします m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.19

我田引鉄もたいがいにしろ

北陸新幹線()南進の件は、旧国鉄時代の産物である整備新幹線計画が、国鉄がJRへ分割民営化されたにもかかわらず温存され推進されようとしているところに、構造的な問題があります。なおかつ、東京一極集中化の急速な進展と地方の相対的な衰退が相まって、話がますます本来の目的なり理念から遠ざかりつつあります。
税金で作るというなら、一度立ち止まって、現実を見据えて計画を全面的に見直すのが本筋だと思いますが・・・

(京都新聞サイトから↓)

北陸新幹線に京都・舞鶴ルート 第5の案、急浮上
北陸新幹線の敦賀以西ルート(福井県敦賀市-大阪市)で、候補に挙がっている4案に加え、京都府舞鶴市から京都駅を経由する新たなルート案が京都府で急浮上している。自民、民主、公明の府議会与党会派が18日の本会議で、推進を求める意見書を採択する方針。知事の態度決定にも影響を与えるとみられる。与党国会議員の検討委員会は地元知事の意向などを踏まえ、来年5月までにルートを絞り込む。…

そもそも何十年も前に政治的な駆け引きによって決定された小浜ルートが未だに放ったらかしになっているのを良いことに舞鶴ルートですか。もう好きにして、やれるもんならやってみろという気分ですわ┐('д')┌

かつては全部つながっていた鉄路ネットワークが、新幹線開業に伴い軌動幅と役所の論理でどんどんぶった切られていくのはもう見てられないです。
早くFGTを実用化して、ヨーロッパのように出来るところから新幹線方式の高速新線に移行するようにして、第3セクター化で使用料金をふんだくるのも控えて、新幹線が出来てもこれまで培われてきた地域間の絆が劣化しないようにするのが政治家や役所のミッションだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015.12.16

さらに延伸!防風柵! #shiga #jrwest

先日、自腹ではないお金で北陸方面に行かせていただきましたが、その行く途中の湖西線内で先行列車遅れによる遅延が発生して乗り換えようと思っていた北陸新幹線に乗れなかったらどうしよう?とちょっと焦っていたのは今だから言えるお話。

何はともあれ、石川県や富山県の方は、琵琶湖の何たるか知らなくても、湖西線についてたぶんよくご存知なんだろな、としみじみ思った次第です。

(JR西日本プレスリリースから↓)

湖西線・北陸線で防風柵が完成!さらなる追加整備を実施!
~強風対策をさらに充実します~

湖西線・北陸線で現在進めている防風柵の整備が順次完成するとともに、湖西線では新たに防風柵の整備を追加実施しますので、お知らせいたします。
引き続き、列車運行の安定輸送を確保し、輸送サービスの向上に努めてまいります。…

当ブログでも何度も何度もネタにしている湖西線の風規制(*1)(*2)(*3)。
防風柵が出来て比良山系の車窓がだんだん見えなくなってきているのですが、風規制は相変わらずという感じがしてなりません。まぁ他の線区なら運休になっているところを、迂回運転により休ませないで特急電車が運転しているのは、実はそれなりにすごいことなのかも知れませんが。


とりあえず防風柵の延伸がどれくらい効果があるのか、是非検証してその結果は広く共有されることを希望する次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015.12.11

富山県高岡市に行きました

Takaoka
業界的にというか仕事的にというか、リモート対応とかネット対応で済ませてしまうことが多くて出張なんかたまーに東京に行くぐらいしかない私ですが、数年ぶりに出張に行くことになりました。

高松から、富山県は高岡までの往復。

先方の時間の都合でもうJRを乗り継いでいくしかなくて、乗り鉄さん向けのスケジュールになりました(笑) 
朝一のサンダーバードに乗って、指定時間に間に合うにはもう金沢で北陸新幹線[つるぎ]に乗らざるを得ません。

そんなわけで、その間の出来事を箇条書きしときます。

・湖西線内の先行列車遅れのため、近江今津付近で7分遅れとなり、そのまま7分遅れで金沢着

・金沢駅の乗り換え時間はもともと10分あったが、遅れて到着したので皆さんバタバタ

・金沢発富山行きの北陸新幹線「つるぎ」への乗り継ぎ客は意外と多く、自由席はかなり埋まった模様

・乗り換え客対応で「つるぎ」も出発時間を遅らせてました。2駅しか行かないのと、もともと1時間に2~3本しかない北陸新幹線だから出来る芸当ですね

・新高岡には17分ほどで到着。早い。

・新高岡駅は高岡市内から南に外れていて、高岡駅には城端線で1駅。しかし富山行き「つるぎ」に接続しているのは城端行きで、高岡駅に行く列車は40分近くの待ちが発生。東京発に合わせているようです。

・仕方ないので新高岡駅からタクシーに乗りました。運ちゃんとの会話では、やはり新幹線開業で不便になったという人が多いとのこと

かつては北陸本線を行き交うすべての特急列車が停まり、関西・中京・新潟圏と直結していた高岡駅。
駅舎から路面電車が出入りするモダンな駅になったのに、新幹線で東京とは思いっきり直結になりましたが、他の地域とのつながりは断ち切られました。乗り換えたらええやん、というのは都会人のわがままです。
金沢駅の乗り換えもけっこう距離がありますから、荷物があったら足腰が良くない方には負担大。しかも高岡でもまた乗り換えが増えたり、駅までの移動コストが増えているのですから、不便という方が増えて当然でしょう。新幹線開業の日向と日陰を垣間見た気がしました。少なくとも北陸新幹線が全通したら多少はやわらぐのかも知れませんが、いつになることやら。

ちなみに高岡駅から金沢・富山を結ぶ在来線も、第三セクターとして経営分離されています。(IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道)
北陸の方は金沢指向が強いそうですが、高岡駅から金沢駅へは、二社またがりになっていて、運賃も上がっているのではないでしょうか。そして、あいの風とやま鉄道はICOCAを導入しているのですが、富山県内でしか使えないということで、金沢駅にはICOCAでは行けません。なんか、踏んだり蹴ったりやなと思ってしまいました。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.03

本当は、3時間58分(最速)って書きたかったんでしょうね…

私の記憶では、九州新幹線の「みずほ」の最速列車は上りの鹿児島中央→新大阪で、実際に乗った時に思ったのは、新大阪駅では端っこの20番線に入線しないことでスピードの減速時間が少なくなるようにしていて、なんとかあの所要時間になるようにしてるんやな、ということでした。

(北海道新聞サイトから↓)

北海道新幹線最速4時間2分 東京―新函館北斗 安全を最優先
JR北海道とJR東日本は3日、来年3月に北海道新幹線(新青森―新函館北斗)が開業するのに伴い、東京―新函館北斗間(約863キロ)を結ぶ最速列車の所要時間を4時間2分とする方針を固めた。沿線自治体や与党などから4時間切りを求める声が出ていたが、JR側は安全性を最優先し確実な定時運行を目指すため、開業から当面の間は一定の余裕を持たせることにした。3日午後にも、JR側から与党に報告する。詳細なダイヤは18日に発表する予定。…

JRから与党に報告ですか…

北海道新幹線の場合、ネックはフルスピードで走れない青函トンネルですね。もともと速度が速いので、数分の短縮でも実現するのは相当大変なことだと思います。
今となってはもうどこにも財源がありませんが、作る時に2本掘っておいて、上下線別で暫定開業とかしていたら、新幹線はフル規格で線路を追加できて話は全然違っていたでしょう。

ちなみに同時期に開業した瀬戸大橋ですが、私も四国に来て知ったのですが、在来線に加え、新幹線も複線で通せる構造になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »