« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016.02.23

丹波高原国定公園<仮称>

そういうわけで、北陸新幹線を小浜経由で延ばすとして、そこから先のルート選定に影響を及ぼし得る要素がひとつ増えそうです。

(京都新聞サイトから↓)

京都丹波高原、国定公園に 中央環境審が答申
京都府北中部の芦生の森や八丁平湿原を含む「京都丹波高原国定公園」の新規指定が、23日に開かれた国の中央環境審議会自然環境部会で承認、国に答申された。森林や河川の豊かな生態系に加え、人々の生活と結びついた文化的景観が評価され、環境省は3月下旬に告示する方針。国定公園は全国で57カ所目、府内では4カ所目となる。…

※当ブログ過去記事はこちら

京大の演習林になっている芦生の原生林は下手な国立公園よりも手付かずの自然が残っています。
京都府の北半分の水源域でもありますし、ここでトンネル工事とかやるとか言おうものなら強烈な反対運動が起こるんちゃう?と思っていたのですが、まさかの国定公園指定ですか。

これで舞鶴・福知山・綾部あたりの人たちがタニガキさんを使って北陸新幹線誘致に俄然乗り出してきはるのでしょうが、あんたらは北陸新幹線より東海道新幹線を京都から分岐させるルートを主張したほうが、実現性もメリットも高いと思うでw

(京都新聞サイトから↓)

京商・立石会頭が「舞鶴ルート」支持 北陸新幹線
北陸新幹線敦賀以西ルートの選定に関して、京都商工会議所の立石義雄会頭は23日の記者会見で、府商工会連合会会長の立場でも舞鶴市を経由してJR京都駅に接続する「舞鶴ルート」を支持する考えを示した。

 立石会頭は舞鶴ルートについて「府北部地域の経済発展につながると期待できる」と支持する理由を説明した。新幹線の将来的な山陰地方への延伸を考慮すると舞鶴ルートが最も望ましいとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.16

温泉試掘

京都市内で天然温泉…というのは、ある意味そこに付加価値が付くことになって、良いのかも知れません。
三ノ宮駅の近くで試掘に成功してますからね。

(京都新聞サイトから↓)

京都鉄博近くで温泉試掘へ JR西が申請
JR西日本が4月の開業に向けて京都市下京区の梅小路地区で建設中の京都鉄道博物館東側で温泉の試掘を京都府に申請したことが15日分かった。用途は未定としているが、温泉が出れば、一帯でホテルやレジャー施設などの商業開発を進めるとみられる。

 試掘場所は、JR西の社宅跡地。一帯は約5千平方メートルあり、現在は京都鉄道博物館の工事ヤードとして使っている。博物館完成後に再開発する方向で検討を進めていた。…

場所的に、この件との絡みを想像してしまった私。思いっきりオブラートに包んだつもりで、そんなことを言っているのでしょう。京都駅の西側の大深度地下に新幹線を通すことが出来るかどうかの技術的検証も兼ねていたら、後々盛り上がりそうです。いろんな意味でww

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ずーっと謎でした

どうしてここで右折させてくれなかったのか、ずーっと謎でした。
右折専用レーンが作れないというのは、それは言い訳です。今出川通りには交差点に右折専用レーンがないところが何か所かありますよね~

(京都新聞サイトから↓)

京都・東山三条の右折解禁 抜け道解消策に渋滞懸念も
京都府警は15日、京都市東山区の東大路通三条(東山三条)交差点の北行き右折禁止を解除した。東大路通の東側にある白川沿いの道路(通称・白川西筋)が「抜け道」となり、慢性的に多くの車が通行する問題を解消するための苦肉の策だ。8月までの措置だが、交差点に向かう北行き車線に右折専用レーンはなく、春の観光シーズンを前に東大路通の新たな渋滞が懸念されている。…

京都市内から山科区や大津市方面に抜ける場合、ここがサクって右折できるようになっていると心理的に良いです。まぁここ自体が混まなければの話なんですけどね~w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.03

蘇れ江若鉄道!(違)

お上が鉄道を新しく引くから、とそれまであった鉄道をひとつ廃止させました。そこで働いていた方々は、当然のことながらお上の都合で仕事場を追われてしまいました。
そして今、お上がそうして作った鉄道は、用済みになったらまた地元に押し付けるんだそうです。

(京都新聞サイトから↓)

JR西、湖西線の経営分離検討 滋賀知事、反対を強調

北陸新幹線の敦賀以西延伸に関して、滋賀県の三日月大造知事は2日の定例会見で、JR西日本が並行在来線として湖西線を検討対象としていると関西広域連合の会合で示したことを明らかにし、「これまで以上に緊張感、切迫感を持って議論に臨む」として経営分離に反対する意向をあらためて強調した。

 三日月知事によると、1月28日にあった関西広域連合の非公開の会合で、JR西が福井県小浜市付近から京都駅を経由するルートが望ましいと表明したのを受け、自ら質問して確認したという。…

新幹線建設と並行在来線の経営分離というシステムが導入され、全国各地で実際にそれが進展しているわけですから、当然北陸新幹線が南進すると滋賀県もその影響は受けます。それはたとえ米原ルートでもこの話は出てきたでしょう。
知事が知事だけにただ出てきた話をふんふん聞いてくるだけではなかった、ということです。自民党の知事なら、はあそうですかと聞くだけ聞いて、こんな風に言うこともなかったでしょう(笑) 

この県がお上というか世の中に翻弄されてきたのは、別に嘉田のおばちゃんやクレセント知事に始まったことではなく、飛鳥時代からの風土的特性です。ただ全線高架の湖西線を地元自治体メインで維持しろというのは踏切事故の心配はないとはいえコスト的にちょっとムチャではないかと思う次第です。

北陸新幹線はあと十年以上はできません。世の中が今のまま進展するのであれば、それまでに湖西線にいろんな投資をしてもらって、その時に備えるしかないのかも知れません。

分離された湖西線には、江若鉄道湖西本線という名前を付けてあげましょうね。

[2016/2/3追記]
冷静に考えると、小浜ルートの並行在来線は小浜線、米原ルートなら北陸線の米原側になるんですけどね。
それでも湖西線の名前が出てくるということは、JR西日本は路線維持をする気がホントないってことなんですよねw
明治時代は山陽本線も東北本線も関西本線も私鉄でした。そんな時代に戻ってしまうのかも知れません。

[2016/2/6追記]
若狭湾沿いに新幹線が通っても、別にそんなに離れたところを通るわけではないですからね。
この話と引き換えにするのもアリなのかな、という気はします。
湖西線内は踏切がないのですから、少々古い電車でもその性能は120%引き出せます。
新線と維持費と京都駅の折り返しキャパがあれば、なんとかやっていけるかも知れませんよ。

[2016/2/18追記]
JR西日本もその気はあるようです。

(京都新聞サイトから↓)

JR湖西線、経営分離の可能性 新幹線絡み社長言及
 JR西日本の真鍋精志社長は17日の記者会見で、北陸新幹線の敦賀以西延伸に伴って経営分離の対象となる並行在来線の取り扱いについて、湖西線が該当する可能性があるとの認識を明らかにした。公式の場で言及したのは初めて。

 真鍋社長は並行在来線について「ルートが決まってから協議すべき」とした上で、「(湖西線を通っている)特急『サンダーバード』の乗客が北陸新幹線に移れば、定義に当たる」と述べた。…

第三セクター化して滋賀県で好き勝手にするというのもアリとは思います。
ただ、維持費を捻出するための基金を作ったとしても、このマイナス金利の世の中じゃあ先が思いやられますね~

やはり、国が江若鉄道を廃線させてまで作った路線なのですから、再国営化してもらいますか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »