« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016.12.31

◆◇◆ 謹 賀 新 年 ◆◇◆

2017greetingcard1


高松のうちの近所で集めた画像を中心に、ちょっと他のも混ぜてみました。
今年も健康と安全をテーマに乗り切りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.23

口は出します。金ならありません。

北陸新幹線の関西乗り入れに関しては、現在の費用負担スキームに沿線自治体がホイホイ乗ってとは思えません。
小浜~京都ルート。仮に私がこれまで挙げていた自然環境保全や京都市地下の水問題が技術的に解決できるとして、その費用を京都市民や京都府民に求めることは可能なのでしょうか?

(中日新聞サイトから↓)


結局はJRの意向 北陸新幹線ルート選定
与党で費用の議論なし

北陸新幹線の福井県敦賀市以西の未着工区間を巡り、与党によるルート選定は、営業主体のJR西日本や福井、石川、富山の北陸三県が推す小浜-京都案に決まる見通しだ。滋賀県が推した米原案は、建設費や建設期間、費用対効果で小浜-京都案を圧倒的に上回るのに孤立無援だった。その背景には何があったのか。

…(中略)…

国土交通省の調査結果によると、小浜-京都案は運賃と所要時間に優れ、安く早く関西-北陸間を行き来できる。一方、米原案は費用対効果や建設費、建設期間などの優位性で圧倒する。

 中部-北陸間で見た場合、米原案の方が安く早く行き来でき、中部地方の自治体も、その優位性を認識する。ただ、JR東海の柘植康英社長は、米原案の場合、米原以西の東海道新幹線との絡みで利害関係にあるにもかかわらず、北陸新幹線の整備ルートに関し「直接の当事者ではないので、具体的な意見を述べる立場にない」と終始口を挟まなかった。

 米原案は、米原駅で北陸新幹線から東海道新幹線への「乗り換え」が前提となっているが、有識者からは「乗り入れ可能」との指摘がある。しかし、JR両社とも、ダイヤの過密性や会社間の運営システムなどの違いを挙げ「乗り入れ困難」の姿勢を崩さなかった。

 その点に関し、十一月にリニア中央新幹線の大阪開業が最大八年前倒しが決まった。これにより、北陸新幹線敦賀以西ルートの完成時とリニア開業が重なれば、東海道新幹線の「のぞみ」の本数が減り、ダイヤの過密性という障害も一定程度解決する。それでも、柘植社長は「相当先の話」と「乗り入れ」への言及を避けている。…

大事なところの議論を避けて、決めることはちゃっかり決めている。

原発誘致と引き換えに小浜に新幹線を通すのは自民党と若狭地方の約束だったようですから、是が非でも、ということだったんでしょうね。JR東海も中京財界もリニア延伸で口封じされましたから、京都の中の人たちは自分たちで物申さないとやがて自分たちだけものすごい金額の負担を迫られますよ。JR西日本も口だけでは沿線自治体にそっぽ向かれますからね。

[2016/12/23追記]
京都新聞の朝刊に、かねてから私が抱いてきた懸念がようやく記事になって出てきました。そういえば伏見の酒も京都の地下水が育んてきたものですね。
Kyotonp_20161223a


Kyotonp_20161223b_3


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.12.20

滋賀県的にはどうなんだろう?

2017(平成29)年3月のJR西日本ダイヤ改定について。

(1) 新快速終日12両化… 姫路~大阪~米原はそうなるけど、湖西線経由敦賀行きの扱いは?

近江今津まで12両というのは長すぎると思うけどな~かと言って京都から4両新快速というのも辛い(汗)


(2) 一部のサンダーバートの高槻停車

新ホームの恩恵ですかね。欲を言えば「はるか」も停めてあげて欲しい。高槻市の人口規模からしてその価値はあると思うけど


(3) 京都~嵯峨嵐山間増発

太秦方面は新興住宅地の面もあるから妥当かも。ただしボトルネックは相変わらず残るはずですから、これ以上の増発は実は難しいはず(汗) なんかもったいない話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.13

お気楽福井県

トンネルだけでなく、そのルートも8割ぐらいが京都府です。福井県はお気楽でよろしいですねw

(中日新聞サイトから↓)

トンネル、全体の8割 北陸新幹線小浜-京都
 北陸新幹線の未着工区間(敦賀-新大阪)は、風情がない? ルート三案のうち、与党が最終調整している「小浜-京都」のトンネル区間が、全体の八割に上る見通しであることが国土交通省への取材で分かった。用地買収が伴わず、建設費を抑えられる利点がある反面、車窓からの眺めは、あまり期待できそうにない。…

中日新聞さんも国交省の役人も、日本の歴史とかこのあたりの風土とかもって勉強しておいて欲しいもんです。
何度も書いてますが、小浜からまっすぐ南に線路を引くと、京都府が先日国定公園にした丹波高地を貫きます。東側は京大の芦生原生林。まったく手付かずの自然が残された由良川水系の源流エリアであり、京都府の北半分の水源です。
そして京都市エリア自体、もともと湿地帯だったところを渡来人(秦氏一族)の技術力を借りて埋め立てて都市化したところであり、地下にはびわ湖の8割くらいの水量が溜まっています

こういうところにトンネルを掘るのに、役人が見積もったそのくらいの金額で済むとは到底思えません。つまり、京都府民が税金をもっとガボガボ突っ込む展開になるということです。むしろ舞鶴ルートにしたほうが京都的には合理的であるかのようにも思えますし、京都の財界はそのへん分かってそうです。
共産党さんも他地域とはくらべものにならないくらい強いし、宗教界や学界もある。京都のデリケートな部分を貫く工事、そうすんなりと事は運びませんよ。傍から見ている身には、面白そうなんですけどね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »