« 立野駅までそのまま復旧させるのですか | トップページ | プレミアムカー&ライナー »

2017.03.29

現場は大変だわ

新年度を目前にして大変なことになっているのは、某旅行会社だけではありません。

(京都新聞サイトから↓)

小学校の給食調理業者が破産 京都・宇治、新学期前に
京都府宇治市で小学校の給食調理を委託されている業者が28日までに、破産手続きに入った。新年度以降も契約が残っているのは莵道第二小、木幡小、御蔵山小の3校で、新年度の給食開始が4月12日に迫る中、市教育委員会は対応を急いでいる。

 業者は双葉給食(大阪府高槻市)で、破産管財人を務める弁護士の事務所によると、27日に大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約3億2千万円。…

そういえば、我が家の近くでも給食業者の破綻はありました。
学校給食は大口顧客だから安心と思っていたのですが、限られた予算と食材の高騰と食の安全安心の確保で今は利益が出なくなって大変なことになっているんでしょうね。そのうち給食の担い手も居なくなってしまうのかも知れません。

そして話は変わりますが↓のような記事も見つけました。給食に限らず、現場はどこも大変です。
(中日新聞サイトから↓)

県内ワサビ生産が激減 地下水減少が原因
北アルプスの麓、安曇野市の豊かな湧き水で育つワサビの生産量が激減している。地下水減少に伴うワサビ田の荒廃や生育不良などが原因とみられる。最近の十年で栽培面積、生産量とも半減しており、深刻な状況だ。市は、地下水保全に向けて水環境基本計画を策定中だが、地下水位の低下に神経をとがらせる栽培業者らの心配は消えない。…

政治は輸出産業ばっかり手厚くケアしていますが、こういうところのほうがずっと重要だと思うとです。

|

« 立野駅までそのまま復旧させるのですか | トップページ | プレミアムカー&ライナー »

暮らし」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/65082487

この記事へのトラックバック一覧です: 現場は大変だわ:

« 立野駅までそのまま復旧させるのですか | トップページ | プレミアムカー&ライナー »