« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017.07.27

昨日(7/26)の大津はいろんな意味で暑かった

私は娘が大津市民会館で行われていた①吹奏楽コンクール地区大会に出るということで休暇を取って大津に戻っていたのですが、この日の大津はいろんな意味で暑かったですね。他にも、下記のイベントがありました。

②第99回全国高校野球選手権 滋賀大会 決勝 (皇子山球場)

③B'zのライブ (びわ湖ホール)

①②③の中でやはり市内の交通事情に影響があったのは何と言っても③でしたね。安室奈美恵が来た時みたいに湖岸道路が渋滞してました。

そして、③が落ち着いたかどうかという頃に発生したトラブルが④ということになりますかね。翌朝どころか昼以降まで引っ張るという大トラブルになりました。あちこちで滋賀のおうちに帰れず、止まる羽目になった方もいらっしゃったようで。

(JR西日本プレスリリースから↓)
2017年7月27日

ご報告

琵琶湖線(東海道線)瀬田~石山駅間で発生した架線切断事象について
2017年7月26日、琵琶湖線(東海道線)瀬田~石山駅間で発生させた架線トラブルにより、琵琶湖線・JR京都線を中心に各線区で列車の運休や大幅な遅れが発生いたしました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。…

ニュースで画像を見ましたが派手にやっちまった感満載でしたね。下手すれば新快速は脱線していてもおかしくなかったように思います。けが人が出なかったのはホント不幸中の幸いだったとしか言いようがありません。原因を究明し、しかるべき再発防止策を講じてもらいたいと思います。

7/27の早朝は複々線区間の下り外側線だけ電車を走らせていて、私はなんとか高松に戻って来れたわけですが、上り線はしばらく阿鼻叫喚状態だったようですね。皆さまお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.01

路線バスでビワイチ

いくつかのテレビ番組の影響w

(京都新聞サイトから↓)

2日かけ20本乗り継ぎ、路線バスでビワイチいかが 滋賀

自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」が注目される中、滋賀県内のバス会社3社が共同で今夏、路線バスに乗って琵琶湖の一周を目指すイベントを催す。2日間かけて約20本のバスを乗り継ぐ行程で、「バスでしか楽しめない風景が魅力。親子や友達同士で挑戦してほしい」と呼び掛けている。…

面白そうな企画ですが、江若交通の路線がR367(鯖街道)経由の現行路線だけというのはちょっと気合不足ですね。
期間限定なら、びわ湖の西岸を通る湖西道路を通る路線を試行してみたり、堅田から北へ旧R161を通る路線を復活させてみたら良いのに、と思う次第です。夏場の渋滞はちょっと気になりますが、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うみのこ」の再利用

内水面を航行する船舶としては、日本で二番目に大きい現「うみのこ」、二代目へのバトンタッチを控え、その行方に注目が集まっているようで。

(京都新聞サイトから↓)

琵琶湖の学習船、引退後は? 滋賀県議会で議論

本年度で役目を終える琵琶湖の環境学習船「うみのこ」について、引退後に「湖の駅」としてリニューアルし、記念館としても活用してはどうか、という議論が、30日の滋賀県議会6月定例会議であった。県の試算で、記念館にすると改修費とは別に、現うみのこの運営管理費と同じ年間1億2千万円程度の経費がかかるというが、三日月大造知事は「湖岸エリア活性化のための一つの手段として考えられる」とも答弁。県民にとって愛着の深い船だけに、引退後の在り方について注目を集めそうだ。…

日本では他で使えそう内水面(大きな川や湖沼)は限られますし、海外で使うには確かに運ぶのが大変。

であれば、運用管理費が現状と変わりないのなら、県の船として大きな荷物を運んだり、災害時の支援船として活用するというのもアリではないかと。地震や台風で交通網が寸断された時、活用できるのではないかと。

ただし、ここにはひとつ大きな問題がありまして、「うみのこ」の内部は小学五年生が利用する前提で設計されていて、何もかも小学五年生仕様だったりするところがネックですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »