« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

2018.04.12

普通列車を観光列車に

本数が少なくなったことを逆手に取ったローカル線の楽しそうな取り組みかと。

(JR北海道サイトから↓)

2018.04.12
~ いつもの列車で観光気分 ~
花咲線の「普通列車を観光列車にする取り組み」を開始します。

お客さんたちの反応を見ながら、地元の方の反応を見ながらの試行錯誤が続くのかも知れませんが、乗務員さんが車内放送でひたすらガイドやら雑談やらしゃべりまくるとか、任意の駅や駅間で長い時間停車するとか、知り合いの店のものを車内で売るとか、この際裁量を大きく持ってもらっても良いのではないでしょうか? 
企画を広く募集すればけっこういろいろ集まるのではないかと。

個人的には、夜中に人家のないところに停まって、照明を全部消すというのをやってもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.04

なかなか拮抗してます

いまやっている京都府知事選で、北陸新幹線の延伸って争点になってないなぁ、と思っていたら、まったく争点になっていない、というわけでもなさそうですね。

(京都新聞サイトから↓)

北陸新幹線延伸「再検討・中止」45% 京都府知事選世論調査
8日投開票の京都府知事選に合わせて京都新聞社が実施した世論調査で、北陸新幹線の敦賀-大阪延伸計画について聞いたところ、巨額の費用への懸念などから「再検討」や「中止」を求める声が半数近くに達した。京田辺市のJR松井山手駅付近を通る「南回りルート」の決定を主導した自民党をはじめ、京都の政財界には2046年とされる開業時期の前倒しを求める声も出ているが、府民の間で温度差が表れた。…

今の京都府に、恩恵があるとしてもほぼ京都市にしかそれが行かない北陸新幹線の延伸事業に2000億円以上を負担できるのでしょうか。
ここで何度も書いてますが、丹波高地と京都市内をトンネルで掘るようなことを考えれば、そんな金額で納まるとは到底思えません。また、そんなことをして地下水脈が無事で済まされるかどうか。トンネルを掘って地下線にしたら、新大阪発金沢経由東京行き新幹線が10分間隔で満員に近い乗客を乗せて京都駅の地下から発車していくぐらいでないと採算は取れません。そんな苦労するなら、JR東海を政治の力でねじ伏せて米原ルートにしといたほうがずーーっと楽なのにw

府知事候補さんたちは、この北陸新幹線をどうしたいのか。ルート決定や費用ねん出の算段をしっかり出して、有権者の審判を仰ぐべきかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ