カテゴリー「旅行・地域」の記事

2017.10.18

ICOCAのご利用エリアが大きく広がります! が…

リンク先のPDF地図をよーく見ると、宇野線(宇野みなと線)が対象外になっています。
路線記号は割り振られているのに、宇野駅でICOCAが使えないというのは、沿線の方は激怒していいと思います。私も今年高松からフェリーで渡って宇野に行きましたが、正直ショックでした。

(JR西日本サイトから↓)
2017年10月18日

ICOCAのご利用エリアが大きく広がります!

 ICカード乗車券「ICOCA」は、2003年のサービス開始以来、累計の発行枚数が1600万枚を超え、多くのお客様にご利用いただいております。
 2018年夏に山陽線(相生~和気駅間の4駅)、赤穂線(播州赤穂~長船駅間の9駅)、北陸線(大聖寺~近江塩津駅間の19駅)へICOCAエリアを拡大し、すでにご利用エリアである近畿圏エリアと岡山・広島・山陰・香川エリア、石川エリアがつながり、エリアをまたがってご利用いただけるようになります。…

香川と滋賀を往復する生活の中で、青春18きっぷを使った移動をするようになって思ったことは、岡山と姫路・相生の間を通勤や通学で行き交う人はなかなか多い、ということです。今回新たにエリアが広がって連結することで、交通機関をICカードで利用できる人の数が増えるのは良いことだと思います。ただ200キロルールの設定とか、実装にあたってはいろいろ課題があったんでしょうね。
そもそも、なぜICカードの利用可能エリアが同じJRの会社の中でも分かれていたのかが???でした。近畿とか中国とか北陸とか、その地域を管轄する財務局が違うから?とか思っていたのですが実際のところはどうだったんでしょう。

エリアが広がるのは良いことですが、それが従来からのサービスにどう影響するかも気になったりします。
京阪神圏では滋賀県民ご愛用の昼特きっぷがなくなりますが、他に変な影響はないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.28

ことでんでもICOCA

Iruca がすっかり普及していることでんエリアで、ようやく私の手持ちのICOCAも使えるようになります。

(ことでんのサイトから↓)

IruCaエリアでの交通系ICカードの利用について
ことでんでは西日本旅客鉄道株式会社と、来春よりIruCaエリアにおいて以下の交通系ICカードの全国相互利用サービスを導入することに合意しました。

交通系ICカードをご利用される全国のお客様の利便性を大きく向上させるサービスに、どうぞご期待下さい!

なお、サービスの開始日や具体的内容については、まとまり次第お知らせいたします。…

今から来春が待ち遠しいw私ですが、残念ながらことでんバスは対象外だそうです。

え~、って思ってしまうのもヤマヤマなんですが、ことでんのIrucaでは電車-バスの乗り継ぎ割引とかやってますから、そのへんの絡みでしょう。

あとIrucaでICOCAに乗れないのは、これはもうICOCAは大人用と子供用の2種類ですがIrukaには子供用やらお年寄り用やら全部で6種類ぐらいあったり、事前チャージ式ながら回数割引制度があったりするからでしょうね。そういう大人の事情的なことはそのうちなんとかなるでしょう、と思っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.09.07

ICOCAに関する話題を集めました (滋賀県民的視点)

最近のJR西日本プレスリリースから、ICOCAに関するネタを抜き出してみたら、どうもみんなつながっているようです。

(JR西日本プレスリリースから↓)

(1)

2016年8月 1日
ICカード乗車券「ICOCA」のエリアを拡大します!
~草津線貴生川駅以東の駅へのICOCA導入~

JR西日本のICカード乗車券「ICOCA」は、累計の発行枚数が1,300万枚を超え、サービス開始以来、多くのお客様にご利用いただいております。
このたび、さらに多くのお客様にご利用いただくため、草津線貴生川駅以東の駅にICOCA利用エリアを拡大します。…


(2)

2017年9月 1日
ICカード乗車券を活用した連携サービスの拡大について
~JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入~

西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)およびスルッとKANSAI協議会では「ICカード乗車券を活用した連携サービス」に基づき、これまでIC連絡定期券の導入など各種連携サービスを実施してまいりましたが、このたび、さらなるお互いの鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図る観点から、JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入について、合意いたしました。…


(3)

2017年9月 7日
ICOCAのご利用に応じた新たなポイントサービスの導入について

ICカード乗車券「ICOCA」は累計発行枚数が1,500万枚を超え、サービス開始以降、多くのお客様にご利用いただいております。
JR西日本では、今後さらなる利便性向上とより一層の利用拡大を図る観点から、ICOCAのご利用に応じたポイントサービスを新たに導入することとしました。…


(4)

2017年9月 7日
「昼間特割きっぷ」の発売延長とその後の発売終了について

JR西日本では、京阪神地区の主な区間で発売している回数券タイプのトクトクきっぷ「昼間特割きっぷ」(現在の発売期間は2017年9月30日まで)について、2018年9月30日まで発売期間を延長するとともに、2018年9月30日をもって当商品の発売を終了させていただきます(2018年10月1日以降に発売を延長する計画はありません)。…


滋賀県に住民票を残してきている者からの視点からすれば、やはり(4)は痛いですよね。

土日に大津市内から大阪や神戸方面に出かける時は、この「昼特」を駅の近くのチケット屋かチケット自販機で購入することにより、通常運賃の2/3に近い金額で往復できます。これは滋賀県民にとっては日常生活レベルでお世話になっているので、これがなくなるのはやはり痛いです。チケット屋さんにもおそらく大打撃で、廃業するところが出てきてもおかしくないでしょう。

JR西日本としては、(1)で滋賀県内のJR西日本の駅ではすべてICOCAが使えるようになるからええやろ、ということなんでしょうが、(2)はともかく(3)で滋賀県民が納得できるレベルのポイントサービスが提供できないとクレームの嵐ですよ。
我らが知事さんもきっと物申さずには居られないと思います(期待)。

ただ、これらの施策が裏目に出て、今まで新快速による圧倒的なコスパにより全く育ってこなかった京阪神と滋賀県内各地を結ぶ高速バスの路線が脚光を浴びてきたらちょっと面白いかも知れません。新名神の高槻~神戸北JCT間の延伸とか、湖西道路の大津市坂本~真野北間の車線拡張工事の開始とか、道路事情は着々と改善していってますからね。


[2017/9/8追記]
昼特はなくなっても、そのベースになっている三ノ宮~大阪~京都間の特定運賃はそのままなんでしょうね、きっと。
こっちに手をつけたら、定期代に影響しますもんね。滋賀県民ならお馴染みの定期券の分割購入(ICOCA定期でもサポートしてます)が出来なくなったら、滋賀県民どころか関西経済へ影響も小さくないでしょうからw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.08.16

男木島・女木島れんらく周遊きっぷ

Shiyujima_shuyu

ジャンボフェリーのサイトから

関西発、男木島・女木島れんらく周遊きっぷ 2017年8月15日(火)発売開始!

今年で設立60周年を迎える雌雄島海運株式会社は、ジャンボフェリー株式会社及び高松エクスプレス株式会社との共同企画として、「関西発、男木島・女木島れんらく周遊きっぷ」の販売を開始します。また、60周年を記念して、先着60名様に、雌雄島海運の特製ペーパークラフト(かなり精巧です!)をプレゼント!…

パッと見、JRが出しそうなネーミングですがJR西日本のでもJR四国のでもありません。
ジャンボフェリーと高松~女木島~男木島のフェリーを運航する雌雄島海運のコラボ商品です。

フェリー会社の商品ですが、高松へのアクセスはフェリーの他に高速バス(フットバス)も選べます。他社より広いシート、WiFi完備、私がお家との往復によくお世話になっております。今回のチケットは、元々ある共通利用券+雌雄島海運往復が追加されたようなイメージですね。高松ではジャンボフェリーの着く港と雌雄島海運のフェリーの着く港は離れていますが、ジャンボフェリーにはJR高松駅までの無料送迎バスがあります。


関西~高松は、3つの中から、お好きなルートが選べます。

A往復とも、ジャンボフェリー利用
B往復とも、フットバスを利用
C片道ジャンボフェリー、片道フットバスを利用

雌雄島海運も、3つの中から、お好きなコースが選べます!

1高松~男木島の往復券
2高松~女木島の往復券
3高松~女木島~男木島の周遊券(回る順番は自由)

価格はジャンボフェリーが元々安いこともあって、全行程フェリー利用にした場合は休日夜間の追加料金を含めても格安でしょう。女木島、男木島とも、とってもフォトジェニックな島なので、このチケットは片道バス利用にしても利用価値があるのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.01

路線バスでビワイチ

いくつかのテレビ番組の影響w

(京都新聞サイトから↓)

2日かけ20本乗り継ぎ、路線バスでビワイチいかが 滋賀

自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」が注目される中、滋賀県内のバス会社3社が共同で今夏、路線バスに乗って琵琶湖の一周を目指すイベントを催す。2日間かけて約20本のバスを乗り継ぐ行程で、「バスでしか楽しめない風景が魅力。親子や友達同士で挑戦してほしい」と呼び掛けている。…

面白そうな企画ですが、江若交通の路線がR367(鯖街道)経由の現行路線だけというのはちょっと気合不足ですね。
期間限定なら、びわ湖の西岸を通る湖西道路を通る路線を試行してみたり、堅田から北へ旧R161を通る路線を復活させてみたら良いのに、と思う次第です。夏場の渋滞はちょっと気になりますが、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.30

プレミアムカー&ライナー

以前当ブログでもご紹介した京阪電車のプレミアムカーの件ですが、詳細が発表されました。

放たれた矢は、二本ありました。

(1) プレミアムカーのプレスリリース (PDF)

京都地区~大阪地区通しは¥500、途中の停車駅発着では¥400という追加料金は、けっこう強く出てきよったなぁ、と思いました。2+1リクライニングシート、シートテーブル、無料Wi-Fiとコンセント、専属アテンダント、空気清浄器・・・と従来座席との差別化はそれなりに出来ているとは思いますが、トイレはやっぱり付けてないのでしょうか。

(2) 朝通勤時のライナー導入のプレスリリース(PDF)

利用できるのは枚方市駅と樟葉駅から乗る方限定ということで、ほぼ枚方市民(+ 一部交野市民)向けのサービスです。京阪電車の歴史上初めて全席指定席だそうです( プレミアムカーも連結 )
30分ほどの乗車時間でプレミアムカー¥400、それ以外¥300.。こちらはどうでしょうか。


とりあえず、話のタネに(1)は一度くらい利用しておきたいなぁ、と思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016.10.22

この流れは止められない  #hokkaido

ココログへのログインでしばらくトラブっていたので、だいぶ書き込みができませんでしたが、、、今日はログインできたので一文。

(北海道新聞サイトから↓)

日高線の一部廃線容認へ 沿線7町、バス転換前提に
昨年1月の高波被害で鵡川―様似間(116キロ)の不通が続いているJR日高線について、沿線の日高管内7町の町長が、代替バスへの転換を前提に、一部廃線を容認することで合意したことが21日分かった。路線維持に伴う多額の費用負担は困難と判断した。11月に開かれるJRと道との沿線自治体協議会で表明し、今後はバスの運行形態やルート、地域振興策などをJRと協議したい考え。…

日高線は、昔えりも岬に行くのに使いました。夏だったので、海辺には昆布がいっぱい干してあって、列車はそのすぐそばを通っていたことは今でも覚えています。

かつては道内をけっこう縦横無人に走っていた鉄道網も、国鉄時代末期からJRになってからもどんどんローカル線が廃止されていきましたが、ここ数年の自然災害による打撃はJR北海道自身の度重なる不始末と相まって、どんどん企業としてのJRを窮地に追い込みつつあるようです。

沿線地域も人口減少に伴いどんどん衰退化している現状では、いくら鉄道網を残したいといっても、物理的に無理でしょう。
そもそも鉄道は大量の人やモノを一気に運ぶための手段なのですから、そういったものがなくなってしまばもうどうしようもありません。残念ながら、北海道だけでなくこの国の地方のあちこちで起こっているこの流れはもう止められません。

私がかつて旅したニュージーランドは、鉄道網はあるものの貨物輸送の需要があるところにしか路線がなく、旅客列車は長距離は1日に1本、通勤電車は首都ウェリントンにあるだけという惨状でした。四半世紀くらい前のことですが、これからの北海道の鉄道網と重なります。鉄道網は函館~東室蘭~札幌周辺~旭川ぐらいしか残ってなくて、旅行者はバスかレンタカーか航空機で北海道を旅するようになる、そういう時代がまもなく来ると思っています。
北海道で鉄道を残したいのであれば、スピードアップより、観光鉄道化するしかないのでは?
残念ですが、今の政治はそういう流れに世の中を運んでいます。

[2016/10/25追記]
JR九州が東証に上場したその日に、JR北海道は…

(北海道新聞サイトから↓)

JR、富良野―新得と深川―留萌の廃止検討 バス転換協議へ
経営難を背景に抜本的に事業を見直す方針を示しているJR北海道(島田修社長)が、留萌線の深川―留萌間と根室線の富良野―新得間の2路線2区間について新たに廃止を伴うバス転換を検討していることが25日、関係者への取材で分かった。廃止検討路線は、すでに打診が判明している札沼線(北海道医療大学―新十津川)を含め、3路線3区間となった。…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016.07.21

路線記号、ラインカラ―、と来れば #jrwest

そりゃもう、駅ナンバリングを導入するしかありませんね♪

(JR西日本プレスリリースから↓)

近畿エリアの12路線 のべ300駅に「駅ナンバー」を導入します!

JR西日本の近畿エリアでは、「中期経営計画2017」における「海外からお越しのお客様の受け入れ態勢の充実」の一環として、平成26年度から「路線記号・ラインカラー」を導入し、駅や車両のご案内表示の更新を進めています。平成29年3月からは、琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線などを走行する「新快速」の種別表示にも「路線記号」を表示する予定で、近畿エリアのJR世代車両への「路線記号」表示が完了します。
これらの一連の取り組みの仕上げとして、このたび、当社を代表する都市交通である近畿エリアの主要路線に「駅ナンバー」を新たに導入し、「路線記号・ラインカラー」と組み合わせて展開することにしましたので、お知らせいたします。…

新駅の分の番号を"Reserved"扱いで事前に空けていたり、複数の路線が通る駅でナンバーがそろうようにしたり、いろいろ工夫されています。工夫の甲斐あって、意図した通りに世間に浸透すると良いですね。ツイッターでは播州赤穂駅をA47にしたら良いのに、という呟きを見かけましたが、さすがにそこまでは手が回らなかったようでw

いちゃもんが付けられるとすれば、湖西線(路線記号「B」)で、B-17(近江高島)、B-25(堅田)、B-29(大津京)あたりが戦争の記憶を思い起こさせるから止めろとか欠番にしろとか言われるかも知れませんね。考え過ぎですかね?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016.02.23

丹波高原国定公園<仮称>

そういうわけで、北陸新幹線を小浜経由で延ばすとして、そこから先のルート選定に影響を及ぼし得る要素がひとつ増えそうです。

(京都新聞サイトから↓)

京都丹波高原、国定公園に 中央環境審が答申
京都府北中部の芦生の森や八丁平湿原を含む「京都丹波高原国定公園」の新規指定が、23日に開かれた国の中央環境審議会自然環境部会で承認、国に答申された。森林や河川の豊かな生態系に加え、人々の生活と結びついた文化的景観が評価され、環境省は3月下旬に告示する方針。国定公園は全国で57カ所目、府内では4カ所目となる。…

※当ブログ過去記事はこちら

京大の演習林になっている芦生の原生林は下手な国立公園よりも手付かずの自然が残っています。
京都府の北半分の水源域でもありますし、ここでトンネル工事とかやるとか言おうものなら強烈な反対運動が起こるんちゃう?と思っていたのですが、まさかの国定公園指定ですか。

これで舞鶴・福知山・綾部あたりの人たちがタニガキさんを使って北陸新幹線誘致に俄然乗り出してきはるのでしょうが、あんたらは北陸新幹線より東海道新幹線を京都から分岐させるルートを主張したほうが、実現性もメリットも高いと思うでw

(京都新聞サイトから↓)

京商・立石会頭が「舞鶴ルート」支持 北陸新幹線
北陸新幹線敦賀以西ルートの選定に関して、京都商工会議所の立石義雄会頭は23日の記者会見で、府商工会連合会会長の立場でも舞鶴市を経由してJR京都駅に接続する「舞鶴ルート」を支持する考えを示した。

 立石会頭は舞鶴ルートについて「府北部地域の経済発展につながると期待できる」と支持する理由を説明した。新幹線の将来的な山陰地方への延伸を考慮すると舞鶴ルートが最も望ましいとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.16

ずーっと謎でした

どうしてここで右折させてくれなかったのか、ずーっと謎でした。
右折専用レーンが作れないというのは、それは言い訳です。今出川通りには交差点に右折専用レーンがないところが何か所かありますよね~

(京都新聞サイトから↓)

京都・東山三条の右折解禁 抜け道解消策に渋滞懸念も
京都府警は15日、京都市東山区の東大路通三条(東山三条)交差点の北行き右折禁止を解除した。東大路通の東側にある白川沿いの道路(通称・白川西筋)が「抜け道」となり、慢性的に多くの車が通行する問題を解消するための苦肉の策だ。8月までの措置だが、交差点に向かう北行き車線に右折専用レーンはなく、春の観光シーズンを前に東大路通の新たな渋滞が懸念されている。…

京都市内から山科区や大津市方面に抜ける場合、ここがサクって右折できるようになっていると心理的に良いです。まぁここ自体が混まなければの話なんですけどね~w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧