カテゴリー「超ひとり言」の記事

2017.10.18

車載型IC改札機(JR西日本初)

10年前なら、おおすごい!と思ったでしょうが、ことでんでは車掌さんが持っている携帯端末でICカードへのチャージが出来ますから、今はあまり大したことだとは思いません(笑)

車載型IC改札機(JR西日本初)でICOCAエリア拡大! 2019年春(予定)境線でICOCAがご利用いただけるようになります!

2016年12月17日より、松江・米子・伯備地区(出雲市~伯耆大山駅間、根雨駅、生山駅、新見駅)でJR西日本のICカード乗車券「ICOCA」をご利用いただけるようになり、多くのお客様にご利用いただいています。
 2019年春、JR西日本では初の「車載型IC改札機」を導入することにより、新たに境線(米子~境港駅間)へICOCAをご利用いただけるエリアを拡大します。…

分かった分かった。
ほんで宇野線はほったらかしか(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.17

あおり運転

私も高速道路であおり運転を何度もされたことありますが、ほぼ名神ですね。
発生するのは、交通量とそこの全体的な流れの速さによると思います。

追い越し車線で停まっている車・・・R161西大津バイパスで見たことありますが、有料の高速道路では見たことないです。

(京都新聞サイトから↓)

「あおり走行」摘発7千件
9割高速、警察庁まとめ

 全国の警察が昨年1年間に、前方の車をあおって走行するなど、道交法違反の「車間距離不保持」で摘発したのは7625件だったことが17日、警察庁のまとめで分かった。このうち高速道路での摘発が9割近くを占める6690件だった。…

あおり運転するヤツに対峙する気は微塵もないので、譲って「捕まってしまえ!」と思うクチです(笑)
実際にそういうヤツがかっ飛んで行った先で覆面パトカーに捕まっているのを見られた時はスカッとしますがw、なかなかそういうのには遭遇しません。

一方、追い越し車線をチンタラ走るとか、あおり運転のタネを撒かないような運転を心がけたいものです。
もちろん自分と同乗者と周囲の安全確保が大前提です。

警察もサービスエリアやパーキングエリアに派出所を作って、我々子羊ドライバーに安心できる場所を用意してほしいです。飲酒運転の抑制にもつながりますよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.07

ICOCAに関する話題を集めました (滋賀県民的視点)

最近のJR西日本プレスリリースから、ICOCAに関するネタを抜き出してみたら、どうもみんなつながっているようです。

(JR西日本プレスリリースから↓)

(1)

2016年8月 1日
ICカード乗車券「ICOCA」のエリアを拡大します!
~草津線貴生川駅以東の駅へのICOCA導入~

JR西日本のICカード乗車券「ICOCA」は、累計の発行枚数が1,300万枚を超え、サービス開始以来、多くのお客様にご利用いただいております。
このたび、さらに多くのお客様にご利用いただくため、草津線貴生川駅以東の駅にICOCA利用エリアを拡大します。…


(2)

2017年9月 1日
ICカード乗車券を活用した連携サービスの拡大について
~JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入~

西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)およびスルッとKANSAI協議会では「ICカード乗車券を活用した連携サービス」に基づき、これまでIC連絡定期券の導入など各種連携サービスを実施してまいりましたが、このたび、さらなるお互いの鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図る観点から、JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入について、合意いたしました。…


(3)

2017年9月 7日
ICOCAのご利用に応じた新たなポイントサービスの導入について

ICカード乗車券「ICOCA」は累計発行枚数が1,500万枚を超え、サービス開始以降、多くのお客様にご利用いただいております。
JR西日本では、今後さらなる利便性向上とより一層の利用拡大を図る観点から、ICOCAのご利用に応じたポイントサービスを新たに導入することとしました。…


(4)

2017年9月 7日
「昼間特割きっぷ」の発売延長とその後の発売終了について

JR西日本では、京阪神地区の主な区間で発売している回数券タイプのトクトクきっぷ「昼間特割きっぷ」(現在の発売期間は2017年9月30日まで)について、2018年9月30日まで発売期間を延長するとともに、2018年9月30日をもって当商品の発売を終了させていただきます(2018年10月1日以降に発売を延長する計画はありません)。…


滋賀県に住民票を残してきている者からの視点からすれば、やはり(4)は痛いですよね。

土日に大津市内から大阪や神戸方面に出かける時は、この「昼特」を駅の近くのチケット屋かチケット自販機で購入することにより、通常運賃の2/3に近い金額で往復できます。これは滋賀県民にとっては日常生活レベルでお世話になっているので、これがなくなるのはやはり痛いです。チケット屋さんにもおそらく大打撃で、廃業するところが出てきてもおかしくないでしょう。

JR西日本としては、(1)で滋賀県内のJR西日本の駅ではすべてICOCAが使えるようになるからええやろ、ということなんでしょうが、(2)はともかく(3)で滋賀県民が納得できるレベルのポイントサービスが提供できないとクレームの嵐ですよ。
我らが知事さんもきっと物申さずには居られないと思います(期待)。

ただ、これらの施策が裏目に出て、今まで新快速による圧倒的なコスパにより全く育ってこなかった京阪神と滋賀県内各地を結ぶ高速バスの路線が脚光を浴びてきたらちょっと面白いかも知れません。新名神の高槻~神戸北JCT間の延伸とか、湖西道路の大津市坂本~真野北間の車線拡張工事の開始とか、道路事情は着々と改善していってますからね。


[2017/9/8追記]
昼特はなくなっても、そのベースになっている三ノ宮~大阪~京都間の特定運賃はそのままなんでしょうね、きっと。
こっちに手をつけたら、定期代に影響しますもんね。滋賀県民ならお馴染みの定期券の分割購入(ICOCA定期でもサポートしてます)が出来なくなったら、滋賀県民どころか関西経済へ影響も小さくないでしょうからw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.09.02

忍者線?

私は、これはアリ!なアイディアだと思います。

(京都新聞サイトから↓)

>R草津線を忍者線、甲南駅は忍者駅に 滋賀・甲賀市長検討

滋賀県甲賀市の岩永裕貴市長は1日の市議会定例会で、JR草津線に「忍者線」、JR甲南駅に「忍者駅」の通称名をつけることを求めた議員の質問に「周辺自治体やJR西日本と協議しながら進めていく必要がある。ぜひ検討していきたい」と前向きに取り組む考えを示した。…

ただ単に「忍者線」「忍者駅」を名乗ると、お隣の伊賀の国が黙ってはいないでしょう。
草津線(草津~柘植)は甲賀選者ライン、関西線の加茂~柘植は伊賀忍者ラインとしておけば良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

ラピート、新大阪へ

最近、ちょっと「おっ」と思った話題。

(産経新聞サイトから↓)

南海「ラピート」新大阪乗り入れ、「なにわ筋線」4駅を新設 事業計画発表へ
大阪都心部を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」をめぐり、南海難波-関西空港間を運行している特急「ラピート」をJR新大阪駅へ乗り入れることで南海電鉄とJR西日本が合意したことが22日、分かった。…

関空側では既に同じ線路の上を走っていますから、南海電鉄のラピートなにわ筋線を通ってJR新大阪駅まで来るというのは造作もないことでしょう。
どうせなら、JR西日本の「はるか」と運用を統合して、京都から関西空港まで、JRの線路をラピートが走ったり、南海の線路を「はるか」が走ったりするようにしても面白いかも知れません。トラブル発生時の冗長性という観点から、関空へのアクセスへの安心感がかなり増すでしょう。加えて、なにわ筋線の収益にも大きく寄与してくれますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.04.20

運行情報

JR西日本が余計なwサービスを提供する模様。

(JR西日本プレスリリースから↓)

ホームページにおける列車運行情報のご案内を拡充します
~列車の走行位置情報を表示します~

 当社では、列車の遅れが発生または見込まれる場合にホームページ「JR西日本列車運行情報」などにて、列車の運行状況を提供しております。さらなる運行情報の充実を図るため、京阪神エリアの一部の線区で先行して、個別列車の走行位置情報をお客様のパソコンやスマートフォンなどで、ご確認いただけるサービスを開始する予定です。…

自分の乗っている列車が、乗ろうとする列車が、乗っていた列車が今どこを走っているのか、分かると確かに便利かもしれません。
ただ見ているだけでも暇つぶしになりそうです。

しかーし、このサービスが提供されると、人身事故などで電車が止まって数珠つなぎになってもそれが見えてしまうということになります。
電車が動き出した後、足止めされていた新快速が立て続けに来て、待っていた人たちが最初に来たのに集中してすぐ後ろで詰まっていた続行列車がガラガラでシメシメ座れると思っていたのが、みんな同じようなことを考えるかも知れません。そういう意味では余計なサービスwです。

| | トラックバック (0)

2017.03.29

現場は大変だわ

新年度を目前にして大変なことになっているのは、某旅行会社だけではありません。

(京都新聞サイトから↓)

小学校の給食調理業者が破産 京都・宇治、新学期前に
京都府宇治市で小学校の給食調理を委託されている業者が28日までに、破産手続きに入った。新年度以降も契約が残っているのは莵道第二小、木幡小、御蔵山小の3校で、新年度の給食開始が4月12日に迫る中、市教育委員会は対応を急いでいる。

 業者は双葉給食(大阪府高槻市)で、破産管財人を務める弁護士の事務所によると、27日に大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約3億2千万円。…

そういえば、我が家の近くでも給食業者の破綻はありました。
学校給食は大口顧客だから安心と思っていたのですが、限られた予算と食材の高騰と食の安全安心の確保で今は利益が出なくなって大変なことになっているんでしょうね。そのうち給食の担い手も居なくなってしまうのかも知れません。

そして話は変わりますが↓のような記事も見つけました。給食に限らず、現場はどこも大変です。
(中日新聞サイトから↓)

県内ワサビ生産が激減 地下水減少が原因
北アルプスの麓、安曇野市の豊かな湧き水で育つワサビの生産量が激減している。地下水減少に伴うワサビ田の荒廃や生育不良などが原因とみられる。最近の十年で栽培面積、生産量とも半減しており、深刻な状況だ。市は、地下水保全に向けて水環境基本計画を策定中だが、地下水位の低下に神経をとがらせる栽培業者らの心配は消えない。…

政治は輸出産業ばっかり手厚くケアしていますが、こういうところのほうがずっと重要だと思うとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.09

新幹線に「松井山手駅」ですかw

北陸新幹線の小浜から京都までは直接結ぶことになっているわりにはまだ具体的なルートが詰められていませんが、こっちは比較的すんなり決まりましたね(苦笑)

(京都新聞サイトから↓)

北陸新幹線、「南回り」大筋合意 京都―新大阪で与党委
北陸新幹線敦賀以西ルートを選定する与党検討委員会(委員長・西田昌司自民党参院議員)は7日、京都―新大阪間について、京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する新駅を設ける「南回り」案を採用する方向で大筋合意した。15日の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームで最終決定する。…


北陸新幹線新駅「松井山手」検討 京都-新大阪南回り案
北陸新幹線敦賀以西ルートで継続協議となっている京都―新大阪間について、与党検討委員会(委員長・西田昌司自民党参院議員)が京都府南部を経由する南回り案として、京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する駅の設置を検討していることが6日分かった。…

R西「南回り」案受け入れへ 北陸新幹線、京都-新大阪

北陸新幹線の京都-新大阪間のルート選定で、与党検討委員会が京都府京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する新駅を設ける「南回り」案で大筋合意したことについて、JR西日本の来島達夫社長は8日の定例会見で「仮に南回りになったとしても、事業者として決められたルートの中で最善を尽くす」と述べた。15日に与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームがルートを正式決定すれば、受け入れる見通しだ。…

当初はもう少し南下して学研都市経由にしようとしたようですが、奈良県には速攻で拒否られたようですね(笑)

確かに松井山手は今や泣く子も黙るw一大住宅地ですが、新大阪-松井山手-京都-北陸新幹線と結ぶルートで、松井山手の中の人たちにどんなメリットがあるのかよく分かりません。松井山手から新大阪駅に行く場合は乗り換えが面倒くさいので便利かも知れませんが、やはりそうする以上は山陽新幹線とは直通してもらわないと、JR西日本的には効率がよろしくないでしょう。
一方、対京都の場合、松井山手と京都駅との間は高速道路(阪神高速京都線~第二京阪道)で限りなく直結している状況で高速バスも通っているようなところです。よって、新大阪-松井山手-京都間は特急料金を思いっきり勉強しないといけないと利用者は出ないと思うのですが、建設費はどのくらいかかるんでしょうね。ちなみにこの南回りルート沿いを通る第二京阪道路は地元対策や豪華な造りのせいもあるのでしょうが建設するのにほぼ1兆円かかってます。
( 費用は、国、大阪府、京都府で負担 )

そんなわけで、小浜から京都駅を経て新大阪までの間のルートの建設費の京都府負担分はかなりの金額になるはずですが、京都ではそれが明らかにされないまま事が運ばれているように思います。京都府民、京都市民がそれを現実問題として認識した時、どうなるかはちょっとした見ものです。以前書いていますが、ルートはトンネルや地下が大部分になるので、京都の水事情への影響は間違いなく何か出てきます。

首長選挙で賛成派が葬られて反対派の人が当選し、事態がますます泥沼化することだって充分考えられます。京都の人たちにとっての北陸新幹線って、明らかにリスク>メリットですからね。

[2017/3/11追記]
京都府知事さんがゴニョゴニョ言ってはりますw

新幹線新駅、松井山手は「京田辺中心部以下」 京都府知事が試算
京都府の山田啓二知事は10日、北陸新幹線敦賀以西の京都-新大阪間で採用される見通しとなった「南回り」ルートについて、JR片町線松井山手駅(京田辺市)への新駅接続による京都の経済効果は、有望視されていた「京田辺市中心部での新駅設置」を下回るとの試算を公表した。山田知事は「京都の利益に見合った負担しかしない」としており、今後、建設費負担を巡る国との協議に影響する可能性がある。

ふん、私に言わせれば京田辺市中心部(新田辺エリア)も松井山手駅もどっちもどっちです。
あのへんで一番新幹線で行くメリットがありそうなのはコストコ京都八幡倉庫店で決まりでしょうにw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.12.23

口は出します。金ならありません。

北陸新幹線の関西乗り入れに関しては、現在の費用負担スキームに沿線自治体がホイホイ乗ってとは思えません。
小浜~京都ルート。仮に私がこれまで挙げていた自然環境保全や京都市地下の水問題が技術的に解決できるとして、その費用を京都市民や京都府民に求めることは可能なのでしょうか?

(中日新聞サイトから↓)


結局はJRの意向 北陸新幹線ルート選定
与党で費用の議論なし

北陸新幹線の福井県敦賀市以西の未着工区間を巡り、与党によるルート選定は、営業主体のJR西日本や福井、石川、富山の北陸三県が推す小浜-京都案に決まる見通しだ。滋賀県が推した米原案は、建設費や建設期間、費用対効果で小浜-京都案を圧倒的に上回るのに孤立無援だった。その背景には何があったのか。

…(中略)…

国土交通省の調査結果によると、小浜-京都案は運賃と所要時間に優れ、安く早く関西-北陸間を行き来できる。一方、米原案は費用対効果や建設費、建設期間などの優位性で圧倒する。

 中部-北陸間で見た場合、米原案の方が安く早く行き来でき、中部地方の自治体も、その優位性を認識する。ただ、JR東海の柘植康英社長は、米原案の場合、米原以西の東海道新幹線との絡みで利害関係にあるにもかかわらず、北陸新幹線の整備ルートに関し「直接の当事者ではないので、具体的な意見を述べる立場にない」と終始口を挟まなかった。

 米原案は、米原駅で北陸新幹線から東海道新幹線への「乗り換え」が前提となっているが、有識者からは「乗り入れ可能」との指摘がある。しかし、JR両社とも、ダイヤの過密性や会社間の運営システムなどの違いを挙げ「乗り入れ困難」の姿勢を崩さなかった。

 その点に関し、十一月にリニア中央新幹線の大阪開業が最大八年前倒しが決まった。これにより、北陸新幹線敦賀以西ルートの完成時とリニア開業が重なれば、東海道新幹線の「のぞみ」の本数が減り、ダイヤの過密性という障害も一定程度解決する。それでも、柘植社長は「相当先の話」と「乗り入れ」への言及を避けている。…

大事なところの議論を避けて、決めることはちゃっかり決めている。

原発誘致と引き換えに小浜に新幹線を通すのは自民党と若狭地方の約束だったようですから、是が非でも、ということだったんでしょうね。JR東海も中京財界もリニア延伸で口封じされましたから、京都の中の人たちは自分たちで物申さないとやがて自分たちだけものすごい金額の負担を迫られますよ。JR西日本も口だけでは沿線自治体にそっぽ向かれますからね。

[2016/12/23追記]
京都新聞の朝刊に、かねてから私が抱いてきた懸念がようやく記事になって出てきました。そういえば伏見の酒も京都の地下水が育んてきたものですね。
Kyotonp_20161223a


Kyotonp_20161223b_3


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.12.13

お気楽福井県

トンネルだけでなく、そのルートも8割ぐらいが京都府です。福井県はお気楽でよろしいですねw

(中日新聞サイトから↓)

トンネル、全体の8割 北陸新幹線小浜-京都
 北陸新幹線の未着工区間(敦賀-新大阪)は、風情がない? ルート三案のうち、与党が最終調整している「小浜-京都」のトンネル区間が、全体の八割に上る見通しであることが国土交通省への取材で分かった。用地買収が伴わず、建設費を抑えられる利点がある反面、車窓からの眺めは、あまり期待できそうにない。…

中日新聞さんも国交省の役人も、日本の歴史とかこのあたりの風土とかもって勉強しておいて欲しいもんです。
何度も書いてますが、小浜からまっすぐ南に線路を引くと、京都府が先日国定公園にした丹波高地を貫きます。東側は京大の芦生原生林。まったく手付かずの自然が残された由良川水系の源流エリアであり、京都府の北半分の水源です。
そして京都市エリア自体、もともと湿地帯だったところを渡来人(秦氏一族)の技術力を借りて埋め立てて都市化したところであり、地下にはびわ湖の8割くらいの水量が溜まっています

こういうところにトンネルを掘るのに、役人が見積もったそのくらいの金額で済むとは到底思えません。つまり、京都府民が税金をもっとガボガボ突っ込む展開になるということです。むしろ舞鶴ルートにしたほうが京都的には合理的であるかのようにも思えますし、京都の財界はそのへん分かってそうです。
共産党さんも他地域とはくらべものにならないくらい強いし、宗教界や学界もある。京都のデリケートな部分を貫く工事、そうすんなりと事は運びませんよ。傍から見ている身には、面白そうなんですけどね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧