カテゴリー「まちの話題」の記事

2017.10.18

ICOCAのご利用エリアが大きく広がります! が…

リンク先のPDF地図をよーく見ると、宇野線(宇野みなと線)が対象外になっています。
路線記号は割り振られているのに、宇野駅でICOCAが使えないというのは、沿線の方は激怒していいと思います。私も今年高松からフェリーで渡って宇野に行きましたが、正直ショックでした。

(JR西日本サイトから↓)
2017年10月18日

ICOCAのご利用エリアが大きく広がります!

 ICカード乗車券「ICOCA」は、2003年のサービス開始以来、累計の発行枚数が1600万枚を超え、多くのお客様にご利用いただいております。
 2018年夏に山陽線(相生~和気駅間の4駅)、赤穂線(播州赤穂~長船駅間の9駅)、北陸線(大聖寺~近江塩津駅間の19駅)へICOCAエリアを拡大し、すでにご利用エリアである近畿圏エリアと岡山・広島・山陰・香川エリア、石川エリアがつながり、エリアをまたがってご利用いただけるようになります。…

香川と滋賀を往復する生活の中で、青春18きっぷを使った移動をするようになって思ったことは、岡山と姫路・相生の間を通勤や通学で行き交う人はなかなか多い、ということです。今回新たにエリアが広がって連結することで、交通機関をICカードで利用できる人の数が増えるのは良いことだと思います。ただ200キロルールの設定とか、実装にあたってはいろいろ課題があったんでしょうね。
そもそも、なぜICカードの利用可能エリアが同じJRの会社の中でも分かれていたのかが???でした。近畿とか中国とか北陸とか、その地域を管轄する財務局が違うから?とか思っていたのですが実際のところはどうだったんでしょう。

エリアが広がるのは良いことですが、それが従来からのサービスにどう影響するかも気になったりします。
京阪神圏では滋賀県民ご愛用の昼特きっぷがなくなりますが、他に変な影響はないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.28

ことでんでもICOCA

Iruca がすっかり普及していることでんエリアで、ようやく私の手持ちのICOCAも使えるようになります。

(ことでんのサイトから↓)

IruCaエリアでの交通系ICカードの利用について
ことでんでは西日本旅客鉄道株式会社と、来春よりIruCaエリアにおいて以下の交通系ICカードの全国相互利用サービスを導入することに合意しました。

交通系ICカードをご利用される全国のお客様の利便性を大きく向上させるサービスに、どうぞご期待下さい!

なお、サービスの開始日や具体的内容については、まとまり次第お知らせいたします。…

今から来春が待ち遠しいw私ですが、残念ながらことでんバスは対象外だそうです。

え~、って思ってしまうのもヤマヤマなんですが、ことでんのIrucaでは電車-バスの乗り継ぎ割引とかやってますから、そのへんの絡みでしょう。

あとIrucaでICOCAに乗れないのは、これはもうICOCAは大人用と子供用の2種類ですがIrukaには子供用やらお年寄り用やら全部で6種類ぐらいあったり、事前チャージ式ながら回数割引制度があったりするからでしょうね。そういう大人の事情的なことはそのうちなんとかなるでしょう、と思っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.09.07

ICOCAに関する話題を集めました (滋賀県民的視点)

最近のJR西日本プレスリリースから、ICOCAに関するネタを抜き出してみたら、どうもみんなつながっているようです。

(JR西日本プレスリリースから↓)

(1)

2016年8月 1日
ICカード乗車券「ICOCA」のエリアを拡大します!
~草津線貴生川駅以東の駅へのICOCA導入~

JR西日本のICカード乗車券「ICOCA」は、累計の発行枚数が1,300万枚を超え、サービス開始以来、多くのお客様にご利用いただいております。
このたび、さらに多くのお客様にご利用いただくため、草津線貴生川駅以東の駅にICOCA利用エリアを拡大します。…


(2)

2017年9月 1日
ICカード乗車券を活用した連携サービスの拡大について
~JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入~

西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)およびスルッとKANSAI協議会では「ICカード乗車券を活用した連携サービス」に基づき、これまでIC連絡定期券の導入など各種連携サービスを実施してまいりましたが、このたび、さらなるお互いの鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図る観点から、JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービスの導入について、合意いたしました。…


(3)

2017年9月 7日
ICOCAのご利用に応じた新たなポイントサービスの導入について

ICカード乗車券「ICOCA」は累計発行枚数が1,500万枚を超え、サービス開始以降、多くのお客様にご利用いただいております。
JR西日本では、今後さらなる利便性向上とより一層の利用拡大を図る観点から、ICOCAのご利用に応じたポイントサービスを新たに導入することとしました。…


(4)

2017年9月 7日
「昼間特割きっぷ」の発売延長とその後の発売終了について

JR西日本では、京阪神地区の主な区間で発売している回数券タイプのトクトクきっぷ「昼間特割きっぷ」(現在の発売期間は2017年9月30日まで)について、2018年9月30日まで発売期間を延長するとともに、2018年9月30日をもって当商品の発売を終了させていただきます(2018年10月1日以降に発売を延長する計画はありません)。…


滋賀県に住民票を残してきている者からの視点からすれば、やはり(4)は痛いですよね。

土日に大津市内から大阪や神戸方面に出かける時は、この「昼特」を駅の近くのチケット屋かチケット自販機で購入することにより、通常運賃の2/3に近い金額で往復できます。これは滋賀県民にとっては日常生活レベルでお世話になっているので、これがなくなるのはやはり痛いです。チケット屋さんにもおそらく大打撃で、廃業するところが出てきてもおかしくないでしょう。

JR西日本としては、(1)で滋賀県内のJR西日本の駅ではすべてICOCAが使えるようになるからええやろ、ということなんでしょうが、(2)はともかく(3)で滋賀県民が納得できるレベルのポイントサービスが提供できないとクレームの嵐ですよ。
我らが知事さんもきっと物申さずには居られないと思います(期待)。

ただ、これらの施策が裏目に出て、今まで新快速による圧倒的なコスパにより全く育ってこなかった京阪神と滋賀県内各地を結ぶ高速バスの路線が脚光を浴びてきたらちょっと面白いかも知れません。新名神の高槻~神戸北JCT間の延伸とか、湖西道路の大津市坂本~真野北間の車線拡張工事の開始とか、道路事情は着々と改善していってますからね。


[2017/9/8追記]
昼特はなくなっても、そのベースになっている三ノ宮~大阪~京都間の特定運賃はそのままなんでしょうね、きっと。
こっちに手をつけたら、定期代に影響しますもんね。滋賀県民ならお馴染みの定期券の分割購入(ICOCA定期でもサポートしてます)が出来なくなったら、滋賀県民どころか関西経済へ影響も小さくないでしょうからw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.05.31

プレミアム・アウトレット城陽(仮称w)

アウトレットって、うちの女性陣はありがたがっていますが、日本で言うアウトレットって何か本来の意味とは違っているような気がしますよw

(京都新聞サイトから↓)

京都府初、大型アウトレット 三菱地所、23年度開業へ

京都府内初の大型アウトレットモールが城陽市の東部一帯に広がる丘陵地に進出する見通しであることが31日に分かった。「プレミアム・アウトレット」を展開する三菱地所グループと地権者が基本合意した。2023年度予定の新名神高速道路全線開通に合わせ、計画を進める。…

大津の我が家からだと、(1) 京滋バイパス~第二京阪~新名神(左回り) あるいは (2) 名神~新名神(右回り)のデュアル・アクセスです。その頃には、四国にはもう居ないつもりww 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.16

なにわ筋線に阪急乗り入れ???

以前はこんなことを書いて個人的にはこき下ろしていたw大阪の「なにわ筋線」の件ですが、阪急が参加するというまさかの展開で動き出したようです。

(読売新聞サイトから↓)

阪急も「なにわ筋線」乗り入れ…関空へ時間短縮

大阪府と大阪市、JR西日本、南海電気鉄道、阪急電鉄の5者は、大阪都心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」に阪急電車が乗り入れる新たな事業計画で大筋合意した。

2030年の開通を目指す。…


レール幅が南海、JRと異なる阪急電鉄は、どのようにこの新線計画に絡んでくるのでしょうか?
阪急はグランフロント大阪を手掛けたように、大阪駅北側の再開発にいっちょ噛みしていますから、なにわ筋線経由で関空と結ばれようという魂胆はアリだと思います。うめきたから十三へは、かつて地下鉄四つ橋線を延伸する案も検討されていたようですが、やっぱり難しいてすもんね。

新聞記事では乗り入れとか書いてますが、実際はどうするんでしょうか?

三線軌条はうめきたから難波まではトンネルを掘る時に線路を敷けば良いだけで済みますが、関空まで直通したいならそこから南側をどうするのか、という大きな問題が出てきます。阪急電車仕様の車両では、南海やJRの線路はガタイが大きすぎて走れないでしょう。

ここは、是非京阪電車をプロジェクトに引き込んで、在来線仕様のFGTを共同開発しましょう。そうすれば、大阪の鉄道を長年分断してきた軌間の南北問題を解消できるだけでなく、その技術はインドや南米に売れます。
是非ご検討をお願いしますw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.03.09

新幹線に「松井山手駅」ですかw

北陸新幹線の小浜から京都までは直接結ぶことになっているわりにはまだ具体的なルートが詰められていませんが、こっちは比較的すんなり決まりましたね(苦笑)

(京都新聞サイトから↓)

北陸新幹線、「南回り」大筋合意 京都―新大阪で与党委
北陸新幹線敦賀以西ルートを選定する与党検討委員会(委員長・西田昌司自民党参院議員)は7日、京都―新大阪間について、京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する新駅を設ける「南回り」案を採用する方向で大筋合意した。15日の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームで最終決定する。…


北陸新幹線新駅「松井山手」検討 京都-新大阪南回り案
北陸新幹線敦賀以西ルートで継続協議となっている京都―新大阪間について、与党検討委員会(委員長・西田昌司自民党参院議員)が京都府南部を経由する南回り案として、京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する駅の設置を検討していることが6日分かった。…

R西「南回り」案受け入れへ 北陸新幹線、京都-新大阪

北陸新幹線の京都-新大阪間のルート選定で、与党検討委員会が京都府京田辺市のJR片町線松井山手駅に接続する新駅を設ける「南回り」案で大筋合意したことについて、JR西日本の来島達夫社長は8日の定例会見で「仮に南回りになったとしても、事業者として決められたルートの中で最善を尽くす」と述べた。15日に与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームがルートを正式決定すれば、受け入れる見通しだ。…

当初はもう少し南下して学研都市経由にしようとしたようですが、奈良県には速攻で拒否られたようですね(笑)

確かに松井山手は今や泣く子も黙るw一大住宅地ですが、新大阪-松井山手-京都-北陸新幹線と結ぶルートで、松井山手の中の人たちにどんなメリットがあるのかよく分かりません。松井山手から新大阪駅に行く場合は乗り換えが面倒くさいので便利かも知れませんが、やはりそうする以上は山陽新幹線とは直通してもらわないと、JR西日本的には効率がよろしくないでしょう。
一方、対京都の場合、松井山手と京都駅との間は高速道路(阪神高速京都線~第二京阪道)で限りなく直結している状況で高速バスも通っているようなところです。よって、新大阪-松井山手-京都間は特急料金を思いっきり勉強しないといけないと利用者は出ないと思うのですが、建設費はどのくらいかかるんでしょうね。ちなみにこの南回りルート沿いを通る第二京阪道路は地元対策や豪華な造りのせいもあるのでしょうが建設するのにほぼ1兆円かかってます。
( 費用は、国、大阪府、京都府で負担 )

そんなわけで、小浜から京都駅を経て新大阪までの間のルートの建設費の京都府負担分はかなりの金額になるはずですが、京都ではそれが明らかにされないまま事が運ばれているように思います。京都府民、京都市民がそれを現実問題として認識した時、どうなるかはちょっとした見ものです。以前書いていますが、ルートはトンネルや地下が大部分になるので、京都の水事情への影響は間違いなく何か出てきます。

首長選挙で賛成派が葬られて反対派の人が当選し、事態がますます泥沼化することだって充分考えられます。京都の人たちにとっての北陸新幹線って、明らかにリスク>メリットですからね。

[2017/3/11追記]
京都府知事さんがゴニョゴニョ言ってはりますw

新幹線新駅、松井山手は「京田辺中心部以下」 京都府知事が試算
京都府の山田啓二知事は10日、北陸新幹線敦賀以西の京都-新大阪間で採用される見通しとなった「南回り」ルートについて、JR片町線松井山手駅(京田辺市)への新駅接続による京都の経済効果は、有望視されていた「京田辺市中心部での新駅設置」を下回るとの試算を公表した。山田知事は「京都の利益に見合った負担しかしない」としており、今後、建設費負担を巡る国との協議に影響する可能性がある。

ふん、私に言わせれば京田辺市中心部(新田辺エリア)も松井山手駅もどっちもどっちです。
あのへんで一番新幹線で行くメリットがありそうなのはコストコ京都八幡倉庫店で決まりでしょうにw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017.02.13

石坂線も駅名変更

我が家の近くを走っている京阪電車石坂線(石山坂本線)のいくつかの駅名が変わるそうです。

(京阪電気鉄道サイトから) ※リンク先はPDFファイル

大津線4駅の駅名を変更します。
「浜大津 ⇒ びわ湖浜大津」 「別所 ⇒ 大津市役所前」
「皇子山 ⇒ 京阪大津京」 「坂本 ⇒ 坂本比叡山口」
~ 大津市が策定を進めている第2期観光交流基本計画(平成29年度~)に賛同 ~

京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)では、大津市が策定を進めている第2期観光交流基本計画(平成29年度~)の中心的な考え方である「オンリーワンのびわ湖を活用した地域の活性化」に賛同し、びわ湖、比叡山などを訪れる観光のお客さまのよりスムーズなご移動や、沿線のお客さまの乗換利用促進を目的として、平成30年3月より、大津市内の4駅の駅名を変更します。
今回、駅名を変更するのは、①「浜大津」 ②「別所」 ③「皇子山」 ④「坂本」の4駅です。…

個人的に突っ込んでみると、

① とうとう駅名に「びわ湖」を付くという事故が発生しましたw

② 場所はまさに大津市役所の前なので妥当。厳密に言うとびわ湖毎日マラソンのスタート/ゴールにもなっている皇子山総合運動公園の敷地に隣接しているので、「陸上競技場前」というのもアリだったかも知れませんが、"次は大津市役所前~皇子山陸上競技場にお越しの方はこちらでお降りください"と車内放送でフォローすればOKでしょう。

③ 乗り換え線になっているJR湖西線が西大津→大津京と改名したのに合わせたのでしょうが、この大津京についてはJRの駅の改名時にこんな話とかこんな話とかこんな話とかこんな話があったので、個人的にはちょっと複雑な気分です。手放しで喜ぶ気分ではないですね(苦笑)

④ これは京都側で叡山電車が「八瀬・比叡山口」という駅があるのと対にするということですね。分かります。

という感じですかね。

やっぱり、③について大津京という名前が地元のデベロッパーに登録商標されているというのはなんだかなぁと思う私。(リンク先はPDFファイル) 

"「大津京」は地元を愛する皆様のものです。地元を愛する方どなたでもお使いいただけます。"ってホンマかいな、と思えて仕方ありません(・_・)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017.01.14

プレミアムカー改造始めます

京阪電車のダイヤ改定の話題。

以前発表していた京阪特急プレミアム・カーの導入のための6号車の改造がいよいよ始まるのですね。

京阪電気鉄道株式会社サイトのプレスリリースから(PDFファイル)

2月25日(土)初発から京阪線のダイヤを変更します
・平日ダイヤにおいて、“京橋-七条間ノンストップ”快速特急「洛楽」を定期運転開始。
・「プレミアムカー」導入に向けた特急車両(8000系車両)の改造工事に伴い、2月25
日(土)より、すべての8000系車両を7両編成で運転します。

特急の7両化で、駅の掲示や設備や時刻表を手直ししたり、いろいろな手間がどうしてもかかりますから、ついでにダイヤ改定も絡めたんでしょうね。
一番のツボは肝心の洛楽が3000系にされることですか?

でもプレミアム・カー導入で8000系が8両編成に戻ったら、洛楽も8000系に戻るように思います。
個人的にはプレミアム・カーの料金設定が気になります。300円以内が妥当。近鉄のマネして500円取るかも知れんけど、そこまでやるなら少なくともトイレは必要ですねww

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016.12.23

口は出します。金ならありません。

北陸新幹線の関西乗り入れに関しては、現在の費用負担スキームに沿線自治体がホイホイ乗ってとは思えません。
小浜~京都ルート。仮に私がこれまで挙げていた自然環境保全や京都市地下の水問題が技術的に解決できるとして、その費用を京都市民や京都府民に求めることは可能なのでしょうか?

(中日新聞サイトから↓)


結局はJRの意向 北陸新幹線ルート選定
与党で費用の議論なし

北陸新幹線の福井県敦賀市以西の未着工区間を巡り、与党によるルート選定は、営業主体のJR西日本や福井、石川、富山の北陸三県が推す小浜-京都案に決まる見通しだ。滋賀県が推した米原案は、建設費や建設期間、費用対効果で小浜-京都案を圧倒的に上回るのに孤立無援だった。その背景には何があったのか。

…(中略)…

国土交通省の調査結果によると、小浜-京都案は運賃と所要時間に優れ、安く早く関西-北陸間を行き来できる。一方、米原案は費用対効果や建設費、建設期間などの優位性で圧倒する。

 中部-北陸間で見た場合、米原案の方が安く早く行き来でき、中部地方の自治体も、その優位性を認識する。ただ、JR東海の柘植康英社長は、米原案の場合、米原以西の東海道新幹線との絡みで利害関係にあるにもかかわらず、北陸新幹線の整備ルートに関し「直接の当事者ではないので、具体的な意見を述べる立場にない」と終始口を挟まなかった。

 米原案は、米原駅で北陸新幹線から東海道新幹線への「乗り換え」が前提となっているが、有識者からは「乗り入れ可能」との指摘がある。しかし、JR両社とも、ダイヤの過密性や会社間の運営システムなどの違いを挙げ「乗り入れ困難」の姿勢を崩さなかった。

 その点に関し、十一月にリニア中央新幹線の大阪開業が最大八年前倒しが決まった。これにより、北陸新幹線敦賀以西ルートの完成時とリニア開業が重なれば、東海道新幹線の「のぞみ」の本数が減り、ダイヤの過密性という障害も一定程度解決する。それでも、柘植社長は「相当先の話」と「乗り入れ」への言及を避けている。…

大事なところの議論を避けて、決めることはちゃっかり決めている。

原発誘致と引き換えに小浜に新幹線を通すのは自民党と若狭地方の約束だったようですから、是が非でも、ということだったんでしょうね。JR東海も中京財界もリニア延伸で口封じされましたから、京都の中の人たちは自分たちで物申さないとやがて自分たちだけものすごい金額の負担を迫られますよ。JR西日本も口だけでは沿線自治体にそっぽ向かれますからね。

[2016/12/23追記]
京都新聞の朝刊に、かねてから私が抱いてきた懸念がようやく記事になって出てきました。そういえば伏見の酒も京都の地下水が育んてきたものですね。
Kyotonp_20161223a


Kyotonp_20161223b_3


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016.12.20

滋賀県的にはどうなんだろう?

2017(平成29)年3月のJR西日本ダイヤ改定について。

(1) 新快速終日12両化… 姫路~大阪~米原はそうなるけど、湖西線経由敦賀行きの扱いは?

近江今津まで12両というのは長すぎると思うけどな~かと言って京都から4両新快速というのも辛い(汗)


(2) 一部のサンダーバートの高槻停車

新ホームの恩恵ですかね。欲を言えば「はるか」も停めてあげて欲しい。高槻市の人口規模からしてその価値はあると思うけど


(3) 京都~嵯峨嵐山間増発

太秦方面は新興住宅地の面もあるから妥当かも。ただしボトルネックは相変わらず残るはずですから、これ以上の増発は実は難しいはず(汗) なんかもったいない話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧