かつて、北海道がローカル線天国だった頃、列車に乗り降りする場所としては駅の
ほかに「乗降場」や「信号所」というところが少なからずありました。

音威子府と南稚内との間を、オホーツク海側を通って結んでいた「天北線」。牧場と原野と湿地帯の広がるこの場所に、なぜ「飛行場前」なのか。これは、適当に付けられた名前ではなくてちゃんとした理由がありました。